英文契約の基本的な表現~M&Aの全体像・流れ~

   

ある会社の株式を保有する会社が、他の会社にその株式を譲渡する形で行われる取引(以下、「M&A」)は、概ね、以下のような流れで行われます。

これから初めてM&A契約に携わる方々は、こちらとリンク先の記事をざっと理解することで、実務に入りやすくなります。

 

基本合意

買収の対象となる会社がどのような状態にあるのかについて買主が調査を行います。この調査をデューデェリジェンス(Due Diligence=略してDD)といいます。売主と買主間で結ばれる基本契約には、このデューディリジェンスをどのように行うかについて定められます。

 

デューディリジェンス

基本合意に定められた内容に基づき、実際にDDが行われます。

DDが終了したら、買収価格の検討・協議が行われます。

 

M&A契約(株式譲渡契約)

DDが終了し、買収価格について一応の合意に至れば、株式譲渡契約(以下、「M&A契約」)が締結されます。

M&A契約には、主に以下のような条項が定められます。

 

クロージングのための前提条件(conditions precedent)

通常、M&A契約締結後、すぐに株式の譲渡と対価の支払いが行われるわけではありません。それらを行うための一定の準備期間を経て、準備が整ったら、株式譲渡と対価の支払が完了します。それらの完了をクロージングといいます。

このクロージングのための条件は、conditions precedent(前提条件)と呼ばれます。

 

契約金額の調整(adjustment)

DDが終了した後、売主と買主の間では契約金額が一応合意されますが、それは仮のものです。

M&A契約締結後からクロージングまでの間には数ヶ月ほどの時間が空くのが通常で、その間、対象となる会社の価値は変化し得ます。

その変化を契約金額に反映させる必要があるので、そのための条文が定められます。これが価格調整と呼ばれます(adjestment)。

この価格調整と関係して重要となるのが、対象となる会社の財務諸表をいかなる会計基準に基づいて作成するかという点です。中でも、GAAPについての理解が重要となります。

 

レプワラ(表明保証=representations and warranties)

M&A締結時、およびクロージング時に、両当事者は相手方に対してレプワラ(representations and warranties)をします。これは主に、売主から買主に対して、対象となる会社がいかなる状態にあるのかについての保証という形で行われます。

このレプワラの範囲を狭めるために、「重大な悪影響(material adverse effect)を及ぼすレプワラ違反はない」や「レプワラをする当事者の知る限りで(to the knowledge of the Seller)」といった文言がレプワラの条文に加えられることがよくあります。

 

コベナンツ(誓約=covenants)

M&A契約締結後、およびクロージング後に各当事者が為すべき義務を定めます。これをcovenantsといいます。

 

レプワラ違反・コベナンツ違反の場合の補償(indemnity)

レプワラまたはコベナンツ違反の場合には、違反した当事者は、相手方に対して損害を賠償する責任を負います。これはindemnityと呼ばれます。

 

クロージング(closing)

前提条件(conditions precedent)が満たされたら、晴れてクロージングとなります。これにより、株式の譲渡と対価の支払いが行われます。

 

 - 英文契約の基本的な表現の習得