英文契約の基本的な表現~Covenants 誓約~

      2020/09/03

コベナンツとは?

covenantsも、前回紹介したrepresentations and warrantiesと同様に、M&A契約でよく登場する表現です。

 

これは、コベナンツと読みます。

 

コベナンツは、簡単に言えば、義務です。

 

義務なら、単にobligationと言えばよいのに、なぜ、わざわざ異なる表現が用いられるのでしょうか?

 

実は、M&A契約における主たる義務、つまり、「株式の譲渡」や「その対価の支払」といった取引のメインとなる義務(obligation)に付随する義務のことを、covenantsといいます。

 

例えば、

「売主は、買収の対象となる会社の財産が減ることになるような行為をクロージングまでの間にしてはいけない

「売主は、クロージングに必要となる行為を適切に行わなければならない」、さらには、

「クロージング後、売主は対象となる会社と競合する事業を行ってはいけない

といったものがコベナンツの例です。

 

ちなみに、コベナンツの中でも、不作為を求められるもの、つまり、「~してはいけない」というものは、negative covenants(ネガティブコベナンツ)と呼ばれています。

 

レプワラとコベナンツの違い

前回紹介したレプワラ(representations and warranties)とコベナンツ(covenants)は似ており、時々混同してしまいますが、両者は全く別物です。

 

レプワラは、契約締結時、またはクロージング時点といった特定の時点における対象となる会社の状態がいかなるものであるかについて述べ、そしてそれが真実であると保証することです。

ここでは、契約当事者になんらかの作為や不作為を求めるものではありません

「今、この会社はこういう状態である。それを保証する」と述べるのだけです。

 

一方、コベナンツは、契約締結時以降、またはクロージング時以降に、何らかの作為・不作為を行うことが求められるのです。

「~しなければならない」「~してはいけない」というものです。

コベナンツ違反の効果

コベナンツに違反するということは、つまり、義務違反です。

 

通常の契約では義務違反の場合には、損害賠償と契約解除権が生じるのが一般的ですが、コベナンツ違反の場合も同じです。

 

特に損害賠償に関しては、M&A契約の条文としては、レプワラ違反の条文と一緒に、「レプワラまたはコベナンツに違反した場合には、相手方を補償する」といった定めがなされることが多いです。

 

通常の売買とM&Aの比較

こうしてみると、M&A契約においても、通常の売買契約と似ていると感じていただけるのではないでしょうか。

 

契約当事者は、お互いに義務通常の売買であれば製品やサービスの提供、または契約金額の支払であるobligation、M&Aであれば、株式の譲渡・対価の支払であるobligationとそれに付随する義務であるcovenants)を負っています。

 

取引の対象となる物(通常の売買であれば製品やサービス、M&Aであれば会社)がどのような状態のものであるかを保証する(通常の売買であればwarranty/defect liability(契約不適合責任=従来の瑕疵担保責任)、M&Aであればrepresentations and warranties)

 

上記に違反した場合には、どちらも損害賠償(M&Aのレプワラ・コベナンツ違反の場合には特に補償(indemnify)という)・契約解除権(termination)が生じる。

 

若干の違いはありますが、本質としては同じですね。

 

M&A契約(株式譲渡契約)の全体像とよく使われる重要英単語

M&Aの全体像 conditions precedent adjustment
representations and warranties material adverse effect to the knowledge of ~
GAAP covenants

 

 - 英文契約の基本的な表現の習得