ビジネス法務に掲載されている演習問題と解説動画

 

11月号

問題① 定義を定める場合の注意点がわかります!

製品(Products)という用語を定義する次の条文を英訳してください。

「製品(Products)とは、本契約の添付資料の第2条第1項に列挙されている製品を意味する」

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第3回 解説①(ビジ法21年11月号練習問題) – YouTube

問題② joint and several liabilityを負う契約の注意点がわかります!

joint and several liabilityとはどのようなものか、法律・契約の知識がない人にもわかるように具体例を用いて説明してください。(コンソーシアム契約を例に解説しています!)

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第3回 解説②(ビジ法21年11月号練習問題) – YouTube

問題③ give, issue, submit, deliver, provide, supply, furnish, assign, transferなどの単語の使い分けがわかります!

英文契約でよく使われる、何かを「相手に与える、渡す」という意味の動詞を思いつくだけ列挙してください。目安:10個

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第3回 解説③(ビジ法21年11月号練習問題) – YouTube

問題④ amendment, modification vs change, variation 違いがわかります!

「契約変更(amendment/modification)」と「仕事・仕様の変更(change/variation)」の違いを説明してください。

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第3回 解説④(ビジ法21年11月号練習問題) – YouTube

これまでの練習問題とその解説はこちらからご覧いただけます。

10月号

問題① 第三者にある行為をさせるための単語がわかります!

契約当事者の義務は「shall+動詞の原形」で表すことができます。では、「ある行為を第三者(売主の下請けなど)にさせることを相手方当事者に義務付けたい場合」には、どのような動詞で表すことができるでしょうか?

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第2回 解説①(ビジ法21年10月号練習問題) – YouTube

問題② exceptを使いこなせるようになります!

次の表現を英語で表してみましょう。

「売主の故意または重過失によって生じる損害を除き」

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第2回 解説②(ビジ法21年10月号練習問題) – YouTube

問題③ 契約発効日契約締結日の違いがわかります!

契約書を作る際、「契約締結日」と「発効日」を異なる日にしたい場合がときどきあります。以下はその際の条文例です。以下を和訳してください。

This Agreement becomes effective retroactively as of April 1, 2021 and shall continue for a period of two (2) years.

解説動画→ 【本郷貴裕】契約英単語・表現 第2回 解説③(ビジ法21年10月号練習問題) – YouTube

問題④ provideがもつ様々な意味をマスターしましょう!

英文契約書には、provideprovisionという表現が多数出てきます。それらは全部同じ意味とは限りません。以下の条文中には4つのprovide系の単語が含まれています。意味の違いに注意して和訳してみてください。また、provided thatという表現がありますが、これは異なる表現を用いて書き換えることができます。実質的な意味を損なわないように、書き換えてみましょう。

The Seller shall provide to the Purchaser the documents provided in Appendix 2 hereof, provided that the Purchaser shall bear all costs incurred by the Seller in connection with such provision.

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第2回 解説④(ビジ法21年10月号練習問題) – YouTube

 

9月号

問題① 様々な基本的な表現を使いこなせるようになりましょう!

以下の日本語を英文にしてみましょう。

「買主は、本契約に添付されている添付資料Dに定められている支払条件に従って、売主に対して契約金額を支払わなければならない。」

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第1回 解説①(ビジ法21年9月号練習問題) – YouTube

問題② 様々な基本的な表現を使いこなせるようになりましょう!

以下の(i)~(iv)の日本語を英語にしましょう。

[(i)~にも関わらず] anything provided [(ii)本契約に ], the Seller’s aggregate [(iii)責任] to the Purchaser [(iv)~に関する] this Agreement shall not exceed the amount of 100% of the Contract Price.

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第1回 解説②(ビジ法21年9月号練習問題) – YouTube

問題③ 権利を表す条文をシンプルに書けるようになります!

以下の英文を和訳し、かつ、下線部分を1つの英単語に置き換えてください。

The Purchaser shall have the right to terminate this Agreement by giving written notice to the Seller.

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第1回 解説③(ビジ法21年9月号練習問題) – YouTube

問題④ 英文契約で必須の単語、権利と義務をマスターしましょう!

「権利」と「義務」を表す表現をそれぞれいくつか列挙してください。

解説動画→【本郷貴裕】契約英単語・表現 第1回 解説④(ビジ法21年9月号練習問題) – YouTube

公開日:
最終更新日:2021/09/25