Indemnifyとdefendの違い~英文契約の基本的な表現63~

      2022/05/23

Indemnifyは、英文契約書でよく登場する免責・保証条項中に含まれる典型的な表現です。

 

例えば、次のように使われます。

 

The Supplier shall indemnify, hold harmless and defend the Purchaser from and againstarising out of or in relation to~.

 

ここで、3つ繋がっているindemnify, hold harmless and defendは、どれも同じ意味で、「~を補償し、免責する」という意味だと捉え、これは例えば、indemnifyだけとしても、英文全体の意味は変わらないし、特段問題は生じない、と考えられていると思います。

 

通常は、この理解でよいようです。

 

しかし、米国の州によっては、これら3つにそれぞれ別の意味を持たせていることもあるようです。

 

特に、indemnifyとdefendには明確な違いがあると捉えている場合もあります。

 

そこで、今回はこのindemnifyとdefendの違いをご紹介します。

 

indemnifyについて

まず、indemnifyは、「~を補償する、賠償する」という意味です。

 

この表現がいわゆる免責・補償条項で使われるのは、主に、第三者に損害が生じた場合です。

 

より具体的には、契約当事者Aのせいで、契約当事者にはない第三者の生命・身体・財産含むに損害が生じた場合に、その第三者が、他方の契約当事者Bに対してその損害について賠償するように求めることがあります。このとき、損害を与える原因となった契約当事者Aが、第三者に対して賠償した他方当事者Bに対して、その賠償金額を支払う、ということです。

 

ポイントは、「第三者に損害を与えたわけではない契約当事者Bがその第三者に賠償した金額を、契約当事者Aが最終的に負担することになる」という点です。これが、indemnify=「補償」ということです。

 

defendについて

では、defendはどういう意味かといいますと、第三者が契約当事者Bに賠償を請求してきた際に、「ちょっと待った!」といって、契約当事者AがBの代わりに第三者と協議をしたり、または、直接第三者に賠償したりすることです。

ポイントは、「契約当事者Bが第三者に賠償する前に、AがBと第三者の間に割って入り、自分で第三者に対応する」という点です。これが、defend=「防御」ということです。

 

なんとなく、indemnifyもdefendも並べて使われていることが多いので、このような違いがあると言われてもピンとこないかもしれませんが、よくよくこの両者のもともとの意味を考えると、このような差は自然なもののように思えてこないでしょうか。

 

特にdefendの「防御する」は、いかにも、第三者から契約当事者Bが訴えられているところに、「この件は、私が対応します!」と言って契約当事者Aが第三者の前に立ちはだかり、契約当事者Bに煩わしいことをさせないように守る・対応する、というイメージがぴったりのように感じられないでしょうか?

 

もっとも、どこの国でも州でも、上記の様に差を設けて解釈しているわけではないようです(むしろ少数派であるかもしれません)。

 

実際、私は、defendという文言がないにも関わらず、免責・補償条項のあとに、明らかに契約当事者Aがdefendをすることを前提としているとしか思えない条文が続いて定められている契約書を見たことが何度かあります(もっとも、そのような条文が本当に正しいのかはわかりませんが)。

 

ただ、上記の様な違いがあると解釈される場合もあることを理解しておけば、今後免責・補償条項を定める際に役立つと思います。

 

特に、相手方にしっかりと防御をしてもらいたい、と考える場合には、indemnify and hold harmless のみならず、defendも忘れずに定めるように気を付けた方がよいでしょう。

英文契約の基本的な表現

Shall

 

~に定められている

 

「~に定められている」の補足

 

Notwithstanding

 

~を除いて、~でない限り

 

~に従って

 

~に関する

 

~の場合

 

Whereについて

 

~の範囲で

 

例示列挙の方法

 

事前の文書による同意と承認

 

契約締結日と発効日

 

LDとpenaltyの違い

 

Gross negligenceと結果の重大性

 

間接損害(indirect damage)と逸失利益(loss of profit)の違い

 

知らせる

 

Liquidated damages

 

Otherwise

 

~を被る

 

~を履行する

 

累積責任

 

~を補償する、免責する

 

Indemnifyとbe liableの違い

 

~を保証する(guarantee)

 

遅延利息

 

Warranty

 

排他的な

 

to one’s knowledge/to the knowledge of

 

Material adverse effect

 

Covenants

 

Representations and warranties

 

Notwithstandingと責任制限条項

 

Indemnifyとdefend

 

取締役・取締役会関係の単語

 

株主総会関係の単語

 

添付資料

 

連帯責任

 

下記の、上記の

 

一般条項(Notice)

 

一般条項(Term)

EPC契約のポイント(『英文EPC契約の実務』で解説している事項の一部です)

 

スコープオブワーク

 

EPC契約の契約金額の定め方と追加費用の扱い

 

コストプラスフィーの注意点

 

ボンドについて

 

前払金返還保証ボンド

 

履行保証ボンド

 

契約不適合責任ボンド

 

リテンションボンド

 

仕様変更

 

プラントの検収条件と効果

 

納期遅延①

納期遅延②

納期遅延③

納期遅延④

納期遅延LDの決め方(発電所建設の一例)

 

Time is of the Essenceとは?

 

性能未達LD

 

EPC契約における保険

 

責任制限①

責任制限②

 

対価をとりっぱぐれるリスクへの対処法

 

プロジェクトファイナンス

 

コンソーシアム契約

 

Delay Analysis関係

必要な立証の程度(balance of probabilities)

 

フロート

 

同時遅延

 

仕事関係

これから法律・契約について勉強し始める社会人が陥りやすい勘違い

 

英語はある日突然聞き取れるようになるのか?

 

会社は誰のものか?

 

司法試験に落ちた後の人生とは?

 

休日を楽しめない理由とは?

 

ピカソがその絵で伝えようとしたこと

 

メンター(教育係)に初めてなる人へ①

メンター(教育係)に初めてなる人へ②

 

自分の勝因は相手の敗因にある(日露戦争から学ぶ)

 

Subject toとポツダム宣言の受諾

どうして議論がまとまらないのか?

 

歴史の本の紹介

 - 英文契約の基本的な表現の習得