本郷貴裕のプロフィール

本郷塾 代表:本郷貴裕

宮城県仙台市出身 1979年生まれ

東北大学工学部卒業、一橋大学法学研究科修了。

株式会社東芝に入社。電力・インフラ関係の法務部として10年間勤務。海外プラント建設、プラント用機器輸出、M&A、JV、国際仲裁、裁判、その他の紛争、および国内外の契約業務を担当。

その後独立し、海外事業を手掛ける企業向けに英文契約(特にプラント建設・輸出契約)の読み方・チェックの仕方、およびコストオーバーランの原因と対策についての社内研修を提供する本郷塾を立ち上げる。

2018年11月に『はじめてでも読みこなせる英文契約書』(明日香出版社)を出版。

2020年1月に『歴史が教えてくれる働き方・生き方』(明日香出版社)を出版。

2020年6月に『英文EPC契約の実務』(中央経済社)を出版。

2020年の9月に『「重要英単語と例文」で英文契約書の読み書きができる』(中央経済社)を出版。

以下は、これまで出版した本の概要です。

特徴
  • 売買契約・販売店契約・M&A(株式譲渡契約)・ライセンス契約・秘密保持契約・合弁契約(JV契約・一般条項)の解説書
  • 法学部ではなく、英語も得意ではない方が、英文契約書を読めるようになるだけでなく、交渉の場で契約で頻出する英単語を自ら発することができる、自分で英文を書き出すことができるようになることを目指した本。
  • 特に、各種契約の全体像重要英単語と関連付けながら理解することができ、かつ、アウトプットの練習ができる点が従来の参考書との大きな違い。
  • 本書のより詳しい内容はこちらから!
  • 海外向けプラント・インフラ・その他の建設契約に関する解説書
  • プラント向け機器供給契約とも重複する部分が多い。
  • 主にコントラクターの立場から、大きく3つの視点(対価を適切に回収する・不当に過大な責任を負わされないようにする・コントラクターの原因ではない事象による納期の遅れ・追加費用についてオーナーに責任を負ってもらう)から契約検討を行う際に注意するべきポイントを解説。
  • プラント・建設業界の営業・法務などの新入・若手社員や初めてプロジェクトマネージャーになる方にお勧めの1冊。
  • 本書のより詳しい内容はこちらから!
  • 売買契約・秘密保持契約・ライセンス契約・一般条項についての解説書
  • 法学部ではなく、英語も得意ではない方でもゼロから実務で対応できるレベルになるために必要となる重要事項を解説している。
  • 特に、契約を理解するために必要となる法律知識(第1章)と英文契約で頻出する英単語と英語の条文の型(第2章)は初学者の方々から「わかりやすい!」との評価を得ている。
  • 本書のより詳しい内容はこちらから!

 

  • 歴史上の人物たちが遭遇した困難にどのように立ち向かったのか、その姿勢を私たちが仕事をする上でどのように活かせるのかを50個のエピソードにまとめたもの。
  • これから社会人になる方、新入社員の方々が、仕事への向き合い方を学ぶことができる
  • 本書の「はじめに」をこちらから試し読み出来ます!

公開日:
最終更新日:2020/09/20