英文契約のおススメの勉強の順番

英文契約のおススメの勉強の順番

プラントエンジニアリング・建設事業以外の方

 

 

 

 

 

 

 

①まずは定番のこちらで基礎固めを!出版から3年半で発行部数1万部に到達!既に9000名を超えるビジネスパーソンにご愛読いただいております。海外との契約業務に携わることになった新入社員の方は、まずは英文を読んで理解できるようになることを目指して、こちらで学びましょう!もちろん、業務で登場する多くの重要ポイントも法律知識・契約知識ゼロの方に向けて詳しく解説しております!

②次に、契約書を修正する際に頻繁に使う表現をマスターしましょう!

お待たせいたしました!在庫が切れていたアマゾンに入荷されました!ぜひご利用ください!

③総仕上げとして、様々な契約の重要条文を自力で書く練習をしながら、重要英単語をマスターしましょう!

プラントエンジニアリング・建設事業の方

①やっぱりスタートはこの赤本から!

②そして、こちらで修正の際に頻繁に使う表現を完璧に自分のモノにしましょう。

 

③そして、EPC関係の重要事項をこちらでしっかり学びましょう。実際に起こったコストオーバーランの原因と対策についても検討しております。

※お待たせいたしました。増刷分が刷り上がり、アマゾンにも在庫が入りました。アマゾンでの紙版でのご購入はこちらからお願いいたします。

現在でも、アマゾンのKindle版はお買い求めいただけますので、そちらもご検討いただければと思います。

★EPC・建設事業に関わる方は、上記の①→③→②の順番でもよいと思います。

 

本郷塾の最新刊のご案内

9000人のビジネスパーソンに選ばれている『はじめてでも読みこなせる英文契約書』を出版している本郷塾からの最新刊のご案内です。

読者の方々から、以下のような声が届いております!

机に置いておくと、必要な時にすぐに使えて役に立つ!

難しいことを考えすぎなくても修正できる自信がついた!

これから英文契約を学ぼうとする法務パーソンにとって、本書は第一歩として最適

2022年1月21日より、本郷塾の5冊目の著書『頻出25パターンで英文契約書の修正スキルが身につく』が出版となりました!!丸善、紀伊国屋、有隣堂、くまざわ書店など全国の書店さんで販売されております。価格は、2800円+税です。

『旬刊経理情報』4/20日号に、本書の書評が掲載されました!書評の内容はこちらをご参考ください!

 

書店などにお立ち寄りの際には、パラパラめくってみてください

もちろん、アマゾンなどの通販サイトからもご購入いただけます!

出版記念 オンラインセミナー

中央経済社様より、2022年6月15日(水)14時~16時に本書『頻出25パターンで英文契約書の修正スキルが身につく』の出版記念オンラインセミナーが開催されます。本書をご購入いただくと、無料で視聴いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。お申し込みは、6月8日(水)までです。本セミナーに関するお問い合わせは、中央経済社の担当者宛の以下のアドレスにメールでお願いいたします。

seminar1@chuokeizai.co.jp

大手書店さんで平積みいただいております!

紀伊國屋新宿本店

神田三省堂

八重洲ブックセンター

ラゾーナ川崎丸善

仙台アエル丸善

 

今回の緑の本(以下、「緑本」)で学ぶことで身につくもの、それは、ズバリ、英文契約書の修正スキルです!

 

初学者の方々にとって、英文契約書をチェックする仕事は大変ですよね?

その理由は、単にそこに書かれている英語の条文の意味が分かっただけで終わりとはならないからです。不公平な条文を公平な条文に修正する必要があるのです。

 

この点、私たち日本人は、辞書を片手に英文を読むことはなんとかできても、英文を書くことは苦手ですよね。特に、契約条文の修正と聞くと、難しそうだと感じられると思います。

「この表現であっているのかな?」

「これでちゃんとこちらの修正意図が反映されているといえるのだろうか・・・?」

と、不安になりますよね。

 

初学者の方々にこの不安を解消していただくことが、この緑本の目的です。

 

まず、修正スキルをアップさせるためにまず必要となるのは、「修正が必要になるのはいかなる場合か?」を理解することです。

 

では、どんな場合に契約書を修正する必要が生じるのでしょうか?

 

それは、当然、自社に不利な内容が定められている場合、ですよね?

 

この「不利な内容」を「公平な内容」に直せばよいのです。

 

では、「自社にとって不利益となる契約」とは、どのようなものかご存知でしょうか?

これには、大きくは以下の3つがあります。

 

①    相手方当事者に課したい義務・責任が適切に定められていない契約

②    自社に過大な義務・責任を課す条文が定められている契約

③    意味が不明確な文言が定められている契約(意味が不明確だと、契約当事者間の取引上の力関係次第では、自社に不利に解釈される恐れがあるからです)

 

よって、このような契約を公平な契約にするには、以下のように修正すれば、公平な内容となります。

 

①    相手方当事者に課したい義務・責任または自社の権利を追記する。

②    自社に課されている過大な義務・責任を狭める、または緩める。

③    不明確な内容の条文を明確にする。

 

本書では、このように3つの不利な条文を修正するために必要となる表現を、頻出する25個のパターンに整理しました。

 

そして、それぞれについて詳しく解説しておりますので、単に丸暗記をしなければならない、ということではなく、理解した上で身につけられるようにしております。

 

具体的には、以下のようなパターンを解説します。

相手に義務・責任を課す

・自社の義務・責任を制限する

・例外を定める

・主観的な基準を客観的な基準に変える

・期間に関する曖昧さを減少させる

・努力義務の内容を明確にする・・・など。

 

緑本の目次

第一章 権利・義務・責任・保証を追記する方法

第二章 義務・責任を制限する・除く・緩和する方法

第三章 不明確な文言を明確にする方法

第四章 使いこなすのが難しい表現

第五章 リライトの練習

第六章 修正契約

【本郷塾のその他の出版物】

特徴
  • 1冊目の『はじめてでも読みこなせる英文契約』で学ばれた方が更にレベルアップを図るための本。
  • 1冊目の本で扱った契約(売買・秘密保持・ライセンス契約)に加え、販売店契約・M&A契約・合弁契約(JV契約)をカバー。
  • 法学部ではなく、英語も得意ではない方が、英文契約書を読めるようになるだけでなく、交渉の場で契約で頻出する英単語を自ら発することができる、自分で英文を書き出すことができるようになることを目指した本。
  • 複雑な事項はイラストを用いて解説しているからわかりやすい(以下はボンドのイラスト)。

  • 英文契約実務能力を効率よく高めるためには、次の2つを意識することが重要です。①読めればよい、または、辞書を引いたときに、列挙されている複数の意味の中から適切な意味を探し当てることできればよい英単語。②自分で何も見ないで書きだすことができる英単語。→頻出英単語①は様々な契約書を何度も読んでいるうちに徐々にわかってきますが、②は意識的に練習しないではなかなか身に付きません。本書では、この頻出英単語について、契約交渉の場で口を突いて出てくるように、または自分で英文をドラフトできるようになるために、以下の様に、頻出英単語を含む条文をピックアップし、アウトプットの練習をできるようにしております。

    • 本書のより詳しい内容はこちらから!

    • 海外向けプラント・インフラ・その他の建設契約に関する解説書
    • プラント向け機器供給契約とも重複する部分が多い。
    • 主にコントラクターの立場から、大きく3つの視点(対価を適切に回収する・不当に過大な責任を負わされないようにする・コントラクターの原因ではない事象による納期の遅れ・追加費用についてオーナーに責任を負ってもらう)から契約検討を行う際に注意するべきポイントを解説。
    • プラント・建設業界の営業・法務などの新入・若手社員や初めてプロジェクトマネージャーになる方にお勧めの1冊。
    • 長く複雑な英文の構造図があります。
    • 本書のより詳しい内容はこちらから!

  • 売買契約・秘密保持契約・ライセンス契約・一般条項についての解説書
  • 法学部ではなく、英語も得意ではない方でもゼロから実務で対応できるレベルになるために必要となる重要事項を解説している。
  • 特に、契約を理解するために必要となる法律知識(第1章)と英文契約で頻出する英単語と英語の条文の型(第2章)は初学者の方々から「わかりやすい!」との評価を得ている。
  • 長く複雑な英文の構造図があるのが特徴です。
  • 本書のより詳しい内容はこちらから!
  • なお、本書は、アマゾンで電子版も販売中です!

  • 歴史上の人物たちが遭遇した困難にどのように立ち向かったのか、その姿勢を私たちが仕事をする上でどのように活かせるのかを50個のエピソードにまとめたもの。
  • これから社会人になる方、新入社員の方々が、仕事への向き合い方を学ぶことができる
  • 本書の「はじめに」をこちらから試し読み出来ます!

【本郷塾のその他の本】

 

プラント・建設業界の方々のための参考書のご紹介

 

EPC/海外請負契約を短期間体系的理解できる本を出版致しました。

新入社員・若手社員の方々のOJTでの成長速度高まります

1.法学部出身でなくても、初学者でもわかる!

  • EPCの全体像・流れ」をいった基礎から階段を上るように理解できるように解説しています。
  • 条文を以下のような3つの視点で整理して体系的に解説しています。

対価を適切に得るための契約条件

②コントラクターが不当に責任を負わされないための契約条件

③コントラクターに原因がない事象に対する納期延長・追加費用を得るための契約条件(クレーム)

  • イラスト・図を使用して、目で見てわかるようにしています。

 

2.英語が苦手でも大丈夫!例文を読める!

  • 英文契約の頻出表現・条文の「」から解説しています。

  • 例文の主語と動詞にを付けています(もちろん、和訳あり)。
  • 難解な英文には構造図を付けています。

3.コストオーバーラン(ロスコン)の原因と対策がわかる!

  • 複数の実例を用いて原因と対策を解説しています。

4.理解度を確認しながら読み進めることができる!

  • チェックテストを都度設けていますので、重要事項をしっかりと押さえた上で読み進めていくことができます。

英文EPC契約の実務はプラントエンジニアリング業界に勤める多くの方々にご購入いただけており、お陰様で出版から1年で、既に2度増刷となっており、

はじめてでも読みこなせる英文契約書
2018年11月の出版以来、7度の増刷となっております。法学部卒・法務部門ではない方々からも、「わかりやすい!」「実務に役立つ本との評価をいただいております。

アマゾンやhonya clubといった通販のビジネス英語売れ筋ランキングでは、度々トップ10にランクインしております。

ぜひ、これから海外案件に携わる方々は、こちらから試し読みをしてみてください。

歴史が教えてくれる働き方・生き方

自分の「お手本」となる人を見つける

アメリカで行われたある調査によれば、様々な分野で活躍している人たちに共通しているのは、自分にとって「お手本となる人」がいるということだそうです。それは、両親であったり、先輩であったり、そして歴史上の人物だったりします。

そこで本書では、現代を生きる会社員の方々が仕事をする上でお手本となるような人物や出来事を50のエピソードにまとめました。

ぜひ、知識やスキルに加えて、お手本となる人物や出来事を見つけていただければと思います。こちらから、試し読みができます!

なお、本書は、PHP出版社さんの『歴史街道5月号』の「この著者に注目!」のコーナーで取り上げていただきました。

 

ビジネス誌に記事が記載されました!『ビジネス法務8月号』中央経済社(2019年6月21日発行)『大型渉外契約から学ぶ英文契約書作成・交渉の心構え』(P145~)です。

公開日:
最終更新日:2022/05/22