Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

絶対的な価値のあるもの

      2017/02/05

「陸上なんて、ただ走ってるだけじゃん。つまんねくねーのか?」

 

中学2年生のとき、確かバスケットボール部の同級生にこう言われました。

 

私は幼稚園の頃から走ることが好きで、小学校のクラブ活動も、中学校の部活も、陸上をしていました。

 

特に中学生のときは、とにかく部活の時間が待ち遠しく、朝学校に来ると、部活のことを考えて心臓が高鳴っているという、今にして思えば信じられないほど幸せな時期でした。

 

そんなある日、バスケ部の同級生から、こう言われたのです。

 

「陸上なんて、ただ走ってるだけじゃん。つまんねくねーのか?」

 

私は、驚いて言葉が出ませんでした。

 

ショックはありませんでした。陸上を辞めようとも思いませんでした。

 

ただ、私は、他の同級生も、「スポーツの中で陸上が一番素晴らしいスポーツだ」と思っているのだろうと思っていたのです。誰もが速く走れるわけではないので、それでしょうがなく、他のスポーツをしているだけで、もしもできるなら、誰もが速く走れるようになりたい、そして陸上をやってみたいと思っているんだろうな、と思っていました。

 

今にして思えば、とんでもない勘違いです。

 

しかし、そのくらい、当時の私にとって、陸上は絶対的な価値を持っていると思っていました。

 

サッカーを見ても、「ボール蹴っ飛ばして何が楽しいんだ?」と思いましたし、バレーボールを見たときには、「下にボールを落とさないようにするスポーツなんて、誰が考えたんだろう?」くらいに思っていました。

 

しかし、この時の同級生の言葉は、私に、実は周りは陸上をそんな風にしか見ていなかったのだ、ということと、私が陸上に対して抱いているのと同様に、自分がしているスポーツに対してみんなそれぞれ価値を見出しているのだと気づかされました。

 

これは、何もスポーツに限ったことではないでしょう。

 

自分が「最高だ!」と思うことであっても、他の誰かは、それを全く素晴らしいと思わない、何の価値も感じないということがあります。

 

私が特に驚いたのは、古代ギリシャの哲学者である「セネカ」の書いた本の中の「生の短さ」という話のある一節を読んだ時でした。以下にその部分を引用します。

 

「見苦しきは、高齢になってなお、自分とは縁もゆかりもない訴訟当事者のために裁判で弁護に立ち、取り囲む無知な傍観者らの賛同を得ようと躍起になっているうちに息を引き取る者である。」

 

セネカは、「人生は短いので、自分が本当に好きで、楽しいと思えるものに時間を費やすべきだ」ということを主張するために、色々な例を出しているのですが、上記の引用部分は「弁護士」について述べています。

 

弁護士は、日本でも、欧米でも、人気の職業であるでしょう。

 

やりがいにもあふれ、報酬も他の職業と比べると高額。誰もが憧れる職業であると言えるだろうと思っていました。

 

しかし、セネカは上記の通り、どこまで本気かはわかりませんが、違った見方をしています。

 

ここで私は、弁護士という職業の良し悪しをいいたいのではありません。一見誰しもが憧れる、価値のある職業と思われる仕事も、そうは感じない人がいる、ということです。

 

では、だからどうだというのか?絶対的な価値を持つものはないと知って、何がどうなるのか?

 

それは、「人生は、他人にとって価値があるものではなく、自分にとって価値がある」と思えるものを追い求めることでよいのではないか?ということです。

 

誰にとっても価値があるものなんて、ないのでしょうから・・・。

 

仕事に関する記事の目次

何かに挑戦したいと思っているのに、そのための一歩が踏み出せないでいる人へ

リスク管理をしっかりしたいと思っている人へ

何をやるにも、人の目や評価が気になってしょうがない人へ

「会社って、そもそも誰のものだっけ?」と疑問を抱いている人へ

「自分には何の才能もない」と思っている人へ

部下を上手に叱る方法を模索している人へ

仕事における段取りや根回しってどんなものかよくイメージできない!という人へ

何かの資格試験に落ちて、「もう人生終わりだ!」と思っている人へ

新しいことをしようとしたら、周りから猛烈な反対を受けて、しょんぼりしている人へ

「完璧にできないくらいなら、初めからしないほうがよい」と思っている人へ

本当は主役になりたいのに、いつも主役になれないと落ち込んでいる人へ

「絶対にやりたい仕事につきたい!」と考えている人へ

上司に取り入っていろうとしている人を見ると、寒気がしてきてしまう人へ

いつも残業しているが、そんな現状をなんとか変えたいと本気で思っている人へ

会議になると、いつも発言することをためらってしまう人へ

「仕事で評価される人は自分とは何が違うんだろう?」と疑問に思っている人へ

文章の作成スピードを速めたいと考えている人へ

いつも失敗するのがこわくて挑戦できない人へ

いつも嫌な仕事を任されることが多い、と嘆いている人へ

「社会人になると、学生の時と一番何が違うんだろう?」と疑問を抱いている学生の方へ

「仕事って、どんなときに楽しさを感じられるんだろう?」と疑問を持っている人へ

「絶対に失敗したくない!」といつも考えている人へ

「部内の飲み会なんて、どんなに遅刻してもよい、なぜなら仕事じゃないんだから」と考えている人へ

学生時代に頑張ったことが「勉強」だと、就活に不利だと思い、やりたくもないサークルに今から入ろうかな、と考えている学生の方へ

「社会人は、一体何に一番力を入れるべきなんだろう?」と悩んでいる人へ

いつも、「先輩に言われたことをしっかりやろう!」と考えている人へ

「交渉方法を教えてくれる本がないかな~」と思っている人へ

今日も自分の案があっさりと却下され、「もう提案なんかしない!」と思ってしまった人へ

「もう、自分が輝ける時間は残り少ない」と悩んでいる人へ

「給料を上げる方法を知りたい!」という人へ

いつも人生をゼロか百で考えてしまう人へ

記憶力をアップさせたい!という人へ

「大学の単位は全てA評価を取らないと!」と思っている人へ

休日を楽しめない、休日になると憂鬱になる人へ

正しいことを主張するときは、普段よりも力を込めて語ってしまう人へ

文章をうまく書けるようになりたい人へ

「いつも正しくあろう!」と考えている人へ

世の中には、絶対的な正義があると思っている人へ

仕事ができるようになりたい!と思っている人へ

先輩や上司によく相談に行く人へ

最近、疲れがたまっている、という人へ

いつも、先輩に言われないと行動できないでいる人へ

いつも、なんでもかんでも先輩や上司に相談、報告している人へ

ねたまれないように生きていきたい、と考えている人へ

人間は機械にその仕事をいつか全部奪われる日が来るんじゃないか?とおびえている人へ

パワハラにあって、つらくて苦しくてしょうがない人へ

いつも答えは一つだと思っている人へ

会社で役員に案件を説明するのが嫌で嫌でしょうがない、という人へ

「自分は、知り合いが少ない」と嘆いている人へ

はじめてメンターになった人へ

いつもマイナスのことばっかり考えてしまう人へ

将来自分が何になりたいのか決められないでいる人へ

靖国神社ができたのは、太平洋戦争での戦没者の慰霊のためだと思っている人へ

「いつなんどきも、逃げたら負け!」と思っている人へ

伊藤博文は、「初の内閣総理大臣」ということしか知らない人へ

些細なことをいつも軽視してしまう人へ

「そんなの、見なくてもわかる」と思っている人へ

 

 - 20代・30代の仕事の仕方