Time is of the Essenceとは?

      2020/01/30

英文契約書の中には、Time is of the Essenceという文言が定められていることが時々あります。これは、直訳すれば、「時間は重要だ」とか「時間は本質的だ」という意味になります。

 

この文言が、例えば売買契約の売主の製品供給義務について定められている場合には、このTimeは「納期」を意味していると考えてよいでしょう。

 

一方、この文言が、買主の対価支払い義務について定められている場合には、このTimeは「買主による支払い期限」と意味していることになります。

 

さらに、例えば建設契約において、注文者が請負人に対して、建設現場のサイトを明け渡すこと、つまり、そこで工事をできるように手配する義務について定める条文にこのTime is of the Essenceが定められている場合には、このTimeは「注文者による請負人へのサイト明け渡し義務の期限」を意味していることになります。

 

このように、Time is of the Essenceといっても、誰のどの義務について定めているかは、契約書を読んでみないとわからないのです。

 

次に、このTime is of the Essenceが定められることで、どのような効果が出るのでしょうか?

 

例えば、売主による製品供給義務についてこの文言が定められていた場合に、売主がTime、つまり納期に遅れたら、どうなるのでしょうか?

 

通常、納期に遅れたら、売主は買主に損害を賠償しなければなりません。もしかして、このTime is of the Essenceという文言がない場合には、売主が例え納期に遅れたとしても、買主に損害を賠償しなくてもよいことになるのでしょうか?「納期は重要だ」とはされていないのだから・・・。

 

そうではありません。この文言があろうがなかろうが、売主は、納期に遅れれば、買主に対する損害賠償責任を負うことに変わりはありません。

 

このTime is of the Essenceは、「納期はとても重要なので、それに間に合わない場合には、買主は契約を解除できる」ということになります。

 

つまり、問題になるのは、「損害賠償」ではなく、「解除」です。

 

ここで、建設契約においては、このTime is of Essenceという文言が納期について定められることは通常はありません。

 

その理由は、多少納期に遅れたというだけで、注文者が契約を解除しようとは考えていないのが通常だからです。

 

もちろん、納期に間に合ってほしいと注文者は考えているでしょうし、別に間に合わなくてもよい、などと考えてはいないはずです。ただ、納期に遅れた場合には、納期遅延のliquidated damages(詳しくはこちら!)を請負人から支払ってもらえればよい、と考えているのです。そのため、Timeは注文者にとって、Essenceとまでは考えられていないのです。

 

もっとも、Time is of the Essenceと契約書に定められていなくても、納期に大幅に遅れ、当事者間で合意した納期遅延LDの上限額(詳しくはこちら!)にまで達したような場合には、注文主には契約を解除する権利が生じると思われます。

 

 

この点、時々、納期に遅れた場合に備えて、納期遅延のLDを定めておきながら、一方で、Time is of the Essenceと定めている契約書も見かけます。

 

それは、おそらく、ドラフトした人が、Time is of the Essenceの使い方をよく理解していないのだろうと思われます。

 

売主や請負人としては、納期に少しでも遅れたからといって契約を解除されるというのは嫌なはずです。よって、もしもTime is of the Essenceという文言が買主・注文者から提示された契約ドラフト中にある場合には、その意図をよく確認したほうがよいでしょう。

 

つまり、買主や注文者は、納期に1日でも遅れたら契約を解除したいと考えているのか?と。もしもそうなら、売主や請負人は、納期に関していつも以上に厳格に考える必要が出てきます。少なくとも、「納期に間に合わない場合には、納期遅延LDを支払えばよい」という考えで契約を締結するのは危険だといえます。1日でも遅れた途端に、「解除する」といわれかねません。

LDについて興味がある方は、こちらの記事もお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Delay Analysisの基礎知識】

納期に遅れた場合に納期遅延LDを課されるのを防ぐためには、納期を延長するようにオーナーに請求すること(EOTクレーム=Extension of Time claim)が必要になります。そのためには、Delay Analysis(遅れの分析)をしなければなりません。これについての基礎知識の解説が以下です。

 

 

 

 

【私が勉強した原書(英語)の解説書】

残念ながら、EPC/建設契約についての日本語のよい解説書は出版されておりません。本当に勉強しようと思ったら、原書に頼るしかないのが現状です。

原書で勉強するのは大変だと思われるかもしれませんが、契約に関する知識だけでなく、英語の勉強にもなりますし、また、留学しなくても、英米法系の契約の考え方も自然と身につくという利点がありますので、取り組んでみる価値はあると思います。

EPC/建設契約の解説書 EPC/建設契約の解説書 納期延長・追加費用などのクレームレターの書き方
法学部出身ではない人に向けて、なるべく難解な単語を使わずに解説しようとしている本で、わかりやすいです。原書を初めて読む人はこの本からなら入りやすいと思います。 比較的高度な内容です。契約の専門家向けだと思います。使われている英単語も、左のものより難解なものが多いです。しかし、その分、内容は左の本よりも充実しています。左の本を読みこなした後で取り組んでみてはいかがでしょうか。 具体例(オーナーが仕様変更を求めるケース)を用いて、どのようにレターを書くべきか、どのような点に注意するべきかを学ぶことができます。実際にクレームレターを書くようになる前に、一度目を通しておくと、実務に入りやすくなると思います。
納期延長・追加費用のクレームを行うためのDelay Analysisについて解説書 海外(主に米国と英国)の建設契約に関する紛争案件における裁判例の解説書 英国におけるDelay Analysisに関する指針
クリティカル・パス、フロート、同時遅延の扱いに加え、複数のDelay Analysisの手法について例を用いて解説しています。 実例が200件掲載されています。実務でどのような判断が下されているのかがわかるので、勉強になります。 法律ではありません。英国で指針とされているものの解説です。この指針の内容は、様々な解説書で引用されていますので、一定の影響力をこの業界に及ぼしていると思われます。
Society of Construction Law Delay and Disruption Protocol

2nd edition February 2017

 

 - EPC契約のポイント, 未分類