EPC契約における契約解除① なぜ解除の理由によって解除の効果が異なるのか?

      2017/06/03

今回から、契約解除についてご説明します。

 

まず、EPC契約中に定められている契約解除には、以下のようなものがあります。

 

  • コントラクターの債務不履行に基づくオーナーによる契約解除

 

  • オーナーの自己都合解除

 

  • オーナーの債務不履行に基づくコントラクターによる契約解除

 

  • 不可抗力事由が一定期間継続した場合の契約解除

 

「えっ!こんなにあるの?」と思われたかたも多いかと思います。

 

あります。

 

そして、どの契約解除なのかによって、解除の効果が違います。

 

契約解除となった場合、コントラクターは作業を速やかに止める必要があります。

 

この点は、上記のどの契約解除による場合も同じです。

 

では、何が違うのでしょうか?

 

大きくは、次のような違いがあります。

 

  • 解除までの間にした仕事の対価をコントラクターがもらうことができるのか否か

 

  • 解除までにサイトに運んだ機器等をコントラクターが持ち帰り、サイトを契約締結前の状態に戻さなければならないか否か

 

  • コントラクターは、仕事を最後まで完成させていれば得られたであろう利益を得られるか否か

 

どれも重要な要素です。

 

上記について、どのような扱いになっているのか、あくまで私の経験をもとにまとめましたのでご参考ください。

 

 

途中までした仕事の

行方

それまでにした仕事の対価 コントラクターの

逸失利益

自己都合解除 オーナーに引き渡される コントラクターに支払われる コントラクターに支払われる

 

コントラクターの責めに帰すべき事由に基づくオーナーによる債務不履行解除 全て撤収、または、オーナーに引き渡される 全て撤収する場合は支払われない

オーナーに引き渡される場合はコントラクターに支払われる

コントラクターに支払われない
オーナーの責めに帰すべき事由に基づくコントラクターによる債務不履行解除 オーナーに引き渡される コントラクターに支払われる コントラクターに支払われる
不可抗力による債務不履行解除 オーナーに引き渡される コントラクターに支払われる コントラクターに支払われない

 

なぜ、上記のような違いがでるのでしょうか。

 

それは、解除に至る理由によって、コントラクターとオーナーの非の大きさが異なるからだと思います。

 

例えば、上記の4つの場合について、コントラクターとオーナーのどちらに非があるのかを見てみると、次のようになります。

 

オーナーの債務不履行>オーナーの自己都合>不可抗力>コントラクターの債務不履行

 

上記の左側がオーナーの非が最も大きく、右側がコントラクターの非が最も大きい場合です。

 

次回からは、解除に至る理由とその効果の関係を具体的に見ていきたいと思います。

 

 

EPC契約の流れ

Scope of Work

サイトに関する情報

オーナーの義務

契約金額の定め方と追加費用の扱い

追加費用の負担について

ボンドについて

入札保証ボンド

前払金返還保証ボンド

履行保証ボンド

瑕疵担保保証ボンド

ボンドのon demand性を緩和する方法

コントラクターによる仕事の開始時期(納期の起算点)は?

仕事の遂行

設計(design)の条文について①

設計(design)の条文について②

仕様変更① 仕様変更とは?

仕様変更② クレーム手続きと仕様書に書かれていない事項

仕様変更③ 納期延長と追加費用の金額が合意に至らない場合の扱い

プラントの試験①

プラントの試験②

プラントの検収条件と効果

危険の移転時期とその例外

債務不履行

納期延長の場合のコントラクターの責任① 納期延長になる場合

納期延長の場合のコントラクターの責任② LD/リキダメ

納期延長の場合のコントラクターの責任③ 納期LDの上限

納期延長の場合のコントラクターの責任④ sole and exclusive remedy

納期延長の場合のコントラクターの責任⑤ 中間マイルストーンLD

性能未達の場合のコントラクターの責任① 性能保証と性能確認試験

性能未達の場合のコントラクターの責任② 最低性能保証・性能LD

責任制限条項① Limitation of Liability/LOL

責任制限条項② 適用される場合と適用されない場合

瑕疵担保責任① 総論

瑕疵担保責任② オーナーの通知義務とコントラクターのアクセス権

瑕疵担保責任③ 保証期間の延長

瑕疵担保責任④ Disclaim(免責)条項

作業中断権① 中断権の存在意義

作業中断権② 中断権行使の効果

不可抗力の扱い① Force Majeureとは何か?

不可抗力の扱い② Force Majeureの効果

不可抗力の扱い③ Force Majeureの効果を得るための手続き

不可抗力の扱い④ Force Majeureが長期間継続した場合

法令変更について

契約解除① なぜ解除の理由によって解除の効果が異なるのか?

契約解除② オーナーの義務違反に基づくコントラクターによる契約解除

契約解除③ オーナーの自己都合解除

契約解除④ コントラクターの債務不履行に基づくオーナーによる契約解除

契約解除⑤ 不可抗力事由が長期間継続した場合

私がEPC契約で真っ先に確認する点①

私がEPC契約で真っ先に確認する点②

私がEPC契約で真っ先に確認する点③

 

 - EPC契約のポイント