Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

瑕疵担保保証ボンド

      2018/09/14

瑕疵担保保証ボンド

 

瑕疵担保保証ボンドとは、保証期間中に納入された製品(ここではプラントを想定しています)に発見された瑕疵のコントラクターによる修理・交換を保証するものです。

 

保証期間中に瑕疵が発見されたら、コントラクターはそれを修理・交換する義務があります。

 

その義務をコントラクターが適切に履行しない場合に、オーナーはこの瑕疵担保保証ボンドを没収することで、その損害を補填することができます。

 

 

瑕疵担保保証ボンドの保証金額

 

瑕疵担保保証ボンドの保証金額は、案件によって異なりますが、一つの目安として、履行保証ボンドの保証金額の半分程度にしてもらうべきだと思います。

 

というのも、一度プラントが検収されれば、その後瑕疵が発見されて、オーナーに損害が生じるリスクは、プラントが無事に検収されないリスク(プラントが完成しないリスク)よりは、はるかに小さいと一般的には言えるからです。

 

つまり、履行保証ボンドが対象としているリスクよりも、瑕疵担保保証ボンドが対象とするリスクの方がずっと小さいはずなので、保証金額も半額程度でよいのではないか、と思います。そして、実際そのような扱いになっているEPC契約が多いです。

 

よって、もしもEPC契約において、履行保証ボンドと瑕疵担保保証ボンドの保証金額が同じような金額とされている場合には、瑕疵担保保証ボンドの保証金額を減額してもらうようにオーナーと交渉してみるべきだと思います。

 

 

瑕疵担保保証ボンドと履行保証ボンドの関係

 

実は、この瑕疵担保保証ボンドと履行保証ボンドが一体になっているものもあります。

 

つまり、本来は、履行保証ボンドは、プラントの検収時に、瑕疵担保保証ボンドの差入と引き換えにコントラクターに返還されます。

 

しかし、履行保証ボンドが、プラントの検収時にコントラクターに返還されず、そのまま瑕疵担保保証の役割を担うように扱われていることも、EPC契約によってはあります。

 

このように、履行保証ボンドが瑕疵担保保証ボンドの役割も担っている場合には、履行保証ボンドはプラントの検収時にも返還されずにオーナーが持ち続けることになりますが、保証金額は、検収を境に、半額程度に減額されるべきだと思いますので、そのようにオーナーと協議することをお勧めいたします。

 

 

瑕疵担保保証ボンドの返還時期

 

瑕疵担保保証ボンドは、瑕疵担保期間が満了した時点で返還してもらうべきです。この時点で、保証するものがなくなるからです。

 

もしも返還時期が契約書中に明記されていない場合には、必ず定めるようにしましょう。

 

 

EPC契約の流れ

Scope of Work

サイトに関する情報

オーナーの義務

契約金額の定め方と追加費用の扱い

追加費用の負担について

ボンドについて

入札保証ボンド

前払金返還保証ボンド

履行保証ボンド

瑕疵担保保証ボンド

リテンションボンド

ボンドのon demand性を緩和する方法

コントラクターによる仕事の開始時期(納期の起算点)は?

仕事の遂行

設計(design)の条文について①

設計(design)の条文について②

仕様変更① 仕様変更とは?

仕様変更② クレーム手続きと仕様書に書かれていない事項

仕様変更③ 納期延長と追加費用の金額が合意に至らない場合の扱い

プラントの試験①

プラントの試験②

プラントの検収条件と効果

危険の移転時期とその例外

債務不履行

納期延長の場合のコントラクターの責任① 納期延長になる場合

納期延長の場合のコントラクターの責任② LD/リキダメ

納期延長の場合のコントラクターの責任③ 納期LDの上限

納期延長の場合のコントラクターの責任④ sole and exclusive remedy

納期延長の場合のコントラクターの責任⑤ 中間マイルストーンLD

性能未達の場合のコントラクターの責任① 性能保証と性能確認試験

性能未達の場合のコントラクターの責任② 最低性能保証・性能LD

責任制限条項① Limitation of Liability/LOL

責任制限条項② 適用される場合と適用されない場合

瑕疵担保責任① 総論

瑕疵担保責任② オーナーの通知義務とコントラクターのアクセス権

瑕疵担保責任③ 保証期間の延長

瑕疵担保責任④ Disclaim(免責)条項

作業中断権① 中断権の存在意義

作業中断権② 中断権行使の効果

不可抗力の扱い① Force Majeureとは何か?

不可抗力の扱い② Force Majeureの効果

不可抗力の扱い③ Force Majeureの効果を得るための手続き

不可抗力の扱い④ Force Majeureが長期間継続した場合

法令変更について

契約解除① なぜ解除の理由によって解除の効果が異なるのか?

契約解除② オーナーの義務違反に基づくコントラクターによる契約解除

契約解除③ オーナーの自己都合解除

契約解除④ コントラクターの債務不履行に基づくオーナーによる契約解除

契約解除⑤ 不可抗力事由が長期間継続した場合

私がEPC契約で真っ先に確認する点①

私がEPC契約で真っ先に確認する点②

私がEPC契約で真っ先に確認する点③

 - EPC契約のポイント