Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

EPC契約におけるプラントの試験②

      2018/09/14

 

試験に関する説明の続きです。

 

4.追加試験の扱い

 

コントラクターがいかなる試験を行わなければならないかは、EPC契約に定められています。

 

ここで、オーナーは、EPC契約に定められている試験以外の試験を追加で行うようにコントラクターに対して求めることができます。

 

オーナーはどんなときに追加試験を求めるのでしょうか?

 

それは、EPC契約に定められている試験には合格しているものの、オーナーとしては若干不安を感じている機器やシステムがプラントの中にある場合です。

 

「もっとこの点を確認したい」

 

オーナーがそう考えたときに、オーナーはコントラクターに、追加の試験を求めるのです。

 

ここで問題になるのは、この追加の試験を行う際に生じる費用は誰が負担するのか?追加試験にかかる期間分だけ納期は延長されるのか?です。

 

この点、オーナーが追加の試験を求めるわけですから、それはオーナーが負担するべき、とも思えます。

 

しかし、もしも、追加の試験を行った結果、プラントに不備が発見された場合には、オーナーの懸念が正しかった、つまり、コントラクターの契約履行に問題があったということになりますよね。

 

この場合には、コントラクターが追加費用を負担し、かつ、納期の延長も認められないとされるのが公平でしょう。

 

したがって、追加試験の場合には、プラントに不備が発見された場合には、追加費用はコントラクターが負担、納期も延長されない。一方、追加試験をしても何も問題が発見されなかった場合には、オーナーが追加費用を負担し、納期も延長されることになります。

 

この追加試験の費用負担と納期延長の定めがあるか否かをチェックし、もしもなければ明記しましょう。

 

 

5.試験が予定のスケジュールよりも遅れた場合

 

EPC契約では、試験のスケジュールも当事者間で合意されます。

 

決して、行き当たりばったりで試験がなされるわけではないのです。

 

そして、試験が、EPC契約に定められたそのスケジュール通りに行われないことがあります。

 

その原因は、大きくは以下の二つが考えられます。

 

(1)  コントラクターの原因

(2)  オーナーの原因

 

試験は、主にコントラクターの仕事であるはずです。

 

しかし、オーナーも試験に関して求められる作業がEPC契約上に定められています。

 

そのオーナーの役割を、決められた期間内に行わない場合には、試験のスケジュールが遅れていきます。

 

そして上記のうち、スケジュールに遅れたことによってコントラクターに生じる追加費用をオーナーが負担しなければならないのは、もちろん、(2)オーナーの原因の場合です。

 

この場合には、追加費用にあわせて、納期の延長も請求できるとするのが公平ですので、そのようにEPC契約で定められているか確認しましょう。

 

 

6.minor itemの扱い

 

minor itemとは聞きなれない。

 

こう思われた人もいるのではないでしょうか?

 

minor itemとは、「さほど重大な問題では不備・欠陥」を意味します。

 

これが試験とどのような関係を持つのでしょうか?

 

実は、試験を実施すると、商業運転に影響はないが、しかし仕様には合致していない、という事項が発見されることがあります。

 

このような場合に、「とにかく仕様に合致していない以上、試験に合格したとはいえない」という考え方もあるでしょう。

 

しかし、それは果たして、誰の利益になるのでしょうか?

 

試験に合格しない以上、検収はなされず、商業運転を開始できないのが原則です。

 

しかし、商業運転には影響がないような些末な不備・欠陥についても完璧にならない限り試験に合格したとはしない、としていたら、minor itemが完璧に直されるまでの間、オーナーはプラントを運転することで得られる利益を得られません。

 

いくら納期遅延の損害賠償をコントラクターから得られるとしても、それにも上限がありますし、何より、そのような扱いはあまりにも形式的に過ぎます。

 

そこで、minor itemについては、商業運転をしながらでも直せばよいとして、試験に合格したことにする、と扱うのです。

 

全てのEPC契約にこの点が明記されているわけではありませんので、定められていなければ、明記するようにしたほうがよいでしょう。

 

ここで、minor itemの定義の仕方が問題になると思います。

 

ポイントは、オーナーとしての最大の懸念である、「運転には影響を及ぼさない仕様との不一致」という点です。これをminor itemの定義の中に入れれば、オーナーも断る理由はないでしょう。

 

また、そのminor itemを改善するための期限も明記すれば、オーナーもいつまでも放置されることがなくなり、安心すると思います。

 

 

EPC契約の流れ

Scope of Work

サイトに関する情報

オーナーの義務

契約金額の定め方と追加費用の扱い

追加費用の負担について

ボンドについて

入札保証ボンド

前払金返還保証ボンド

履行保証ボンド

瑕疵担保保証ボンド

ボンドのon demand性を緩和する方法

コントラクターによる仕事の開始時期(納期の起算点)は?

仕事の遂行

設計(design)の条文について①

設計(design)の条文について②

仕様変更① 仕様変更とは?

仕様変更② クレーム手続きと仕様書に書かれていない事項

仕様変更③ 納期延長と追加費用の金額が合意に至らない場合の扱い

プラントの試験①

プラントの試験②

プラントの検収条件と効果

危険の移転時期とその例外

債務不履行

納期延長の場合のコントラクターの責任① 納期延長になる場合

納期延長の場合のコントラクターの責任② LD/リキダメ

納期延長の場合のコントラクターの責任③ 納期LDの上限

納期延長の場合のコントラクターの責任④ sole and exclusive remedy

納期延長の場合のコントラクターの責任⑤ 中間マイルストーンLD

性能未達の場合のコントラクターの責任① 性能保証と性能確認試験

性能未達の場合のコントラクターの責任② 最低性能保証・性能LD

責任制限条項① Limitation of Liability/LOL

責任制限条項② 適用される場合と適用されない場合

瑕疵担保責任① 総論

瑕疵担保責任② オーナーの通知義務とコントラクターのアクセス権

瑕疵担保責任③ 保証期間の延長

瑕疵担保責任④ Disclaim(免責)条項

作業中断権① 中断権の存在意義

作業中断権② 中断権行使の効果

不可抗力の扱い① Force Majeureとは何か?

不可抗力の扱い② Force Majeureの効果

不可抗力の扱い③ Force Majeureの効果を得るための手続き

不可抗力の扱い④ Force Majeureが長期間継続した場合

法令変更について

契約解除① なぜ解除の理由によって解除の効果が異なるのか?

契約解除② オーナーの義務違反に基づくコントラクターによる契約解除

契約解除③ オーナーの自己都合解除

契約解除④ コントラクターの債務不履行に基づくオーナーによる契約解除

契約解除⑤ 不可抗力事由が長期間継続した場合

私がEPC契約で真っ先に確認する点①

私がEPC契約で真っ先に確認する点②

私がEPC契約で真っ先に確認する点③

 

 - EPC契約のポイント