Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

入札保証ボンド

      2018/09/14

入札保証ボンド

 

入札保証ボンドとは、入札時に、入札書類と一緒にオーナーに提出することが一般的です。

 

この入札保証ボンドは、入札後にコントラクターが落札したにも関わらず、コントラクターが契約を締結しないといったことにならないようにすることを保証するものです。

 

入札で落札したのに、その落札した会社が、「やっぱりこの案件、やりたくない。まだ契約を締結したわけでもないし、辞退してもいいよね。」と考えて、契約を締結しないことができるとしたら、どうなるでしょうか?

 

おそらく、オーナーは、もう一度、入札をやり直さないといけなくなりますよね。

 

入札のための準備は、コントラクター側にとって時間もお金もかかるものであることは間違いありませんが、オーナー側も同じく時間とお金をかけています。

 

それが、一度入札をして落札者も決定したのに、再度入札をやるのは、大変面倒でしょう。また時間とお金がかかってしまいます。

 

そこで、EPC案件では、「落札したにも関わらず、契約を締結しないなんてことはしませんよ」ということをコントラクター側が保証するために、入札保証ボンドをオーナーに差し入れることが求められるのが一般的です。

 

この入札保証ボンドの保証金額は、案件によって異なりますが、契約金額の10%程度であることが多いように思います。

 

 

入札保証ボンドの返還

 

ところで、入札保証ボンドに限らず、ボンドは、その役目を終えたら、返還してもらう必要があります。

 

というのも、このボンドというものは、前回ご説明したようにon demandなので、このボンドを、ボンドを発行した銀行にもっていって、「払って」と言えば、銀行は払わざるを得なくなるものなので、ボンドはその役目を終えたら、早急に返してもらわないと大変危険です(このように、ボンドを使って保証金額がオーナーによって引き出されることを、「ボンドの没収」と呼びます)。

 

そこで、コントラクターとしては、この入札保証ボンドをいつ返してもらえるのかについて理解しておく必要があります。

 

これは、契約締結後に、履行保証ボンド(「パフォーマンスボンド(Performance Bond)」とも言います。「PB」とか、「Pボンド」と呼ぶ人もいます)をオーナーに提出したときとされているものが一般的です。履行保証ボンドを差し入れるのと引き換えに、入札保証ボンドを返してもらうことになります。

 

EPC契約をよく読んで、各ボンドの返還時期がいつなのか確認し、もしも定められていなければ、必ず定めるようにしましょう。

 

なお、この入札保証ボンドは、契約に定められている期限までに履行保証ボンドの差入れを怠った場合にも、没収されてしまうことになっているものが多いので、契約に定められている履行保証ボンドの差入時期に遅れないように注意しましょう。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

 

 

EPC契約の流れ

Scope of Work

サイトに関する情報

オーナーの義務

契約金額の定め方と追加費用の扱い

追加費用の負担について

ボンドについて

入札保証ボンド

前払金返還保証ボンド

履行保証ボンド

瑕疵担保保証ボンド

リテンションボンド

ボンドのon demand性を緩和する方法

コントラクターによる仕事の開始時期(納期の起算点)は?

仕事の遂行

設計(design)の条文について①

設計(design)の条文について②

仕様変更① 仕様変更とは?

仕様変更② クレーム手続きと仕様書に書かれていない事項

仕様変更③ 納期延長と追加費用の金額が合意に至らない場合の扱い

プラントの試験①

プラントの試験②

プラントの検収条件と効果

危険の移転時期とその例外

債務不履行

納期延長の場合のコントラクターの責任① 納期延長になる場合

納期延長の場合のコントラクターの責任② LD/リキダメ

納期延長の場合のコントラクターの責任③ 納期LDの上限

納期延長の場合のコントラクターの責任④ sole and exclusive remedy

納期延長の場合のコントラクターの責任⑤ 中間マイルストーンLD

性能未達の場合のコントラクターの責任① 性能保証と性能確認試験

性能未達の場合のコントラクターの責任② 最低性能保証・性能LD

責任制限条項① Limitation of Liability/LOL

責任制限条項② 適用される場合と適用されない場合

瑕疵担保責任① 総論

瑕疵担保責任② オーナーの通知義務とコントラクターのアクセス権

瑕疵担保責任③ 保証期間の延長

瑕疵担保責任④ Disclaim(免責)条項

作業中断権① 中断権の存在意義

作業中断権② 中断権行使の効果

不可抗力の扱い① Force Majeureとは何か?

不可抗力の扱い② Force Majeureの効果

不可抗力の扱い③ Force Majeureの効果を得るための手続き

不可抗力の扱い④ Force Majeureが長期間継続した場合

法令変更について

契約解除① なぜ解除の理由によって解除の効果が異なるのか?

契約解除② オーナーの義務違反に基づくコントラクターによる契約解除

契約解除③ オーナーの自己都合解除

契約解除④ コントラクターの債務不履行に基づくオーナーによる契約解除

契約解除⑤ 不可抗力事由が長期間継続した場合

私がEPC契約で真っ先に確認する点①

私がEPC契約で真っ先に確認する点②

私がEPC契約で真っ先に確認する点③

 

 - EPC契約のポイント