Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英文契約書における一般条項~譲渡制限条項 (Assignment)~

      2017/06/21

1. 譲渡制限条項とは?

 

譲渡制限条項とは、次のような条文を指します。

 

「いずれの当事者も、相手方当事者の事前の書面による同意なくして、本契約に基づく自己の権利または義務の全部または一部を、移転・譲渡・委任してはならない。当該同意なく移転・譲渡・委任がなされた場合、それらは無効とする。」

 

この条文は、「契約書そのもの」を第三者に引き渡すことが問題にされているわけではありません。

 

あくまで、契約書に定められている権利や義務を第三者に移転・譲渡・委任する場合を問題にしています

 

具体例として、売買契約で考えてみます。

 

売買契約には、買主の対価支払い義務が、売主の製品引渡義務が定められていますよね。

 

これら義務を、第三者に与えてはならない、と定めているのです。

 

また、売買契約には、売主が買主に対して対価の支払いを要求する権利が定められているとも言えますが、この権利を、第三者に与えてはならない、と定めています。

 

イメージ、掴んでいただけましたでしょうか?

 

 

2. どうしてこんな条項が必要なのか?

 

では、どうしてこのような条文があるのでしょうか?

 

権利や義務を第三者に与えても、別にいいじゃないか」と思いませんか?

 

例えば、売買契約上の売主の買主への製品引渡義務を、第三者に与えたとします。

 

すると、その第三者は、売主に代わってその製品を買主に引き渡す義務を負うわけです。

 

買主としては、製品が手に入ればよいのだから、別に義務を第三者に譲渡されても困らないはず・・・と、なんとなく言えそうな気がしませんか?

 

しかし、よく考えてみると、そうではないのです。

 

そもそも、どうして、買主は、売主と売買契約を締結したのでしょうか?

 

それは、買主は、その売主なら、ちゃんとした製品、つまり、欠陥のない製品を期限までに自分に引き渡してくれると信頼したから、ではないでしょうか?

 

契約は、当事者間の信頼に基づいて締結されるものです。

 

それにも関わらず、勝手に売主が自分の義務を第三者に引き渡したら、買主としては、「ふざけんな!」と言いたくなることでしょう。買主としては、ちゃんとした製品が期日までに引き渡されるのか、非常に不安な状態になってしまいます。

 

一方、売主としても、その買主が、ちゃんと対価を支払ってくれるだろう、と信じたからこそ、契約を締結したわけです。

 

いかにもお金を支払えそうにない人には、製品を売りたくないですよね?

 

よって、売主も、買主がその対価支払い義務を勝手に第三者に与えるようなことがあっては困るわけです。

 

以上のように、勝手に契約上の権利義務を第三者に譲渡されると、お互いに困った事態になり得るので、「相手方の書面による同意」を条件とするようになったのです。

 

 

3. 検討のポイント

 

この譲渡制限条項のポイントは、「相手方当事者の書面による同意」が契約上の権利義務の譲渡の条件にされていることです。

 

この点、一方当事者にのみこの譲渡制限がかかっている契約書も時々見かけます。

 

例えば、売買契約では、売主は権利義務を譲渡できないけれど、買主は譲渡が制限されていない、というような場合です。

 

一般的には、これは正当な理由はないはずで、不公平です。

 

なので、もしもそのような条文になっていたら、両当事者に譲渡制限が付けられるように修正をするべきです。

 

しかし、個別の事情によっては、そのような一方当事者のみが譲渡制限をつけられることを正当化できる場面もあるかもしれません。

 

例えば、その契約を締結時点で、近い将来、その事業を丸ごと第三者に譲渡することが予定されているような場合です(事業譲渡の場合)。

 

よって、もしも相手方から送付された契約書中に、そのような一方当事者だけが譲渡制限を付けられている場合には、その理由を相手方に確認し、その回答次第で、修正の要否を判断するとよいでしょう。

 

 

4. 英文の譲渡制限条項(Assignment)

 

ちなみに、この譲渡制限条項は、英語では次のような条文になります。

 

Either party shall not transfer, assign, or delegate all or any of its rights or obligations hereunder without the other party’s prior written consent. Any transfer, assignment, or delegation without such consent shall be null and void.

 

  • shall not

これは「禁止」を意味します。

 

  • assign

財産・権利を譲渡する」という意味です。

 

  • delegate

権限、任務、責任を委任する」という意味です。

 

  • without the other party’s written consent

相手方当事者の書面による同意なしに」という意味です。

 

  • null and void

無効」という意味です。

 

5. 穴埋め式練習

 

この穴埋め式練習をすることで、チェックや修正をする力が増しますので、繰り返し練習してみてください。

 

穴埋め練習:

下の訳を参考に、英文の[ ]内に適切な用語を入れてください。

Either party [shall] not transfer, [assign], or [delegate] all or any of its [rights] or obligations hereunder without the other party’s [prior] written [consent]. Any transfer, assignment, or delegation without such consent shall be [null] and void.

 

訳:

いずれの当事者も、相手方当事者の事前の書面による同意なくして、本契約に基づく自己の権利または義務の全部または一部を、移転・譲渡・委任してはならない。当該同意なく移転・譲渡・委任がなされた場合、それらは無効とする。

 

回答:

Either party [shall] not transfer, [assign], or [delegate] all or any of its [rights] or obligations hereunder without the other party’s [prior] written [consent]. Any transfer, assignment, or delegation without such consent shall be [null] and void.

 

お知らせ

無料メルマガ・ブログ活用目的にあったサイトマップ配信を開始しました!

右のサイドバーの中にある無料メルマガ申込をしていただいた方には、英文契約やその他の最新記事がブログにアップされたときにメールでお知らせ致します。

なお、無料メルマガにご登録いただいた方の中で、「全くの初歩から英文契約書を読めるようになるためにこのブログを使って勉強したい!活用したい!」と思っていただけている方には、ご参考として、このブログをどのように読み進めていくのを効率的かをまとめたものを無料で送付させていただきますので、サイドバーの無料メルマガ登録フォームの中の「ブログの活用目的」の欄に、「初歩から英文契約を学ぶため」と記載して申請してください。

それ以外の目的でこのブログを活用しようとされている方にも、その活用目的を教えていただければ、その目的に合ったブログ内の記事の読み進め方をまとめて無料で送付させていただきますので、同じく、サイドバーの無料メルマガ登録フォームの中の「ブログの活用目的」の欄に、その目的をご記入ください。

 

 

英文契約の一般条項に関する目次

英文契約書における一般条項の解説

英文契約における一般条項~定義条項(Definitions)その1 定義条項の必要性~

英文契約書における一般条項~定義条項(Definitions)その2 定義条項を定める際に注意したいこと~

英文契約書における一般条項~準拠法 (Governing Law)~

英文契約書における一般条項~紛争解決条項 Dispute Resolution~

英文契約書における一般条項~通知条項 (Notice)~

英文契約書における一般条項~契約期間 (Term)~

英文契約書における一般条項~譲渡制限条項 (Assignment)~

英文契約書における一般条項~完全合意条項(Entire Agreement)と修正条項(Amendment)~

英文契約書における一般条項~分離条項 Severability~

英文契約書における一般条項~権利放棄条項 (Waiver)~

英文契約書における一般条項~見出し条項 (Headings)~

英文契約書における一般条項~一般条項がわかるようになるとどんなメリットがあるのか?~

英文契約書における一般条項~常に全ての一般条項を契約書に定めなければならないのか?~

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村

 - 英文契約における一般条項についての解説