チャンスはピンチの裏に隠れてやってくる

「右京兆を誅殺せよ!」

後鳥羽上皇が鎌倉幕府の実質的支配者であった右京兆・北条義時を殺すように全国の武士たちに命令したのは、承久3年(1221年)5月15日でした。これが世にいう「承久の乱」の始まりです。

 

日本は長い間天皇や上皇が政治を行う体制が続いていました。しかし、平清盛が絶大な権力を握り、次いで源頼朝が鎌倉を本拠に幕府を開き、関東以北という限定された地域であるにせよ、朝廷が長年侮蔑していた武士たちが政権を担うことになりました。後鳥羽上皇は、これが面白くなかったのです。

「今一度、朝廷中心の政治を全国に復活させてみせる!」

これが承久の乱の原因です。

これに対し、北条義時は戦慄します。後鳥羽上皇がこのような積極的な動きに出るとは全く想定していなかったからです。

また、当時の日本人が天皇や上皇を敬う気持ちはかなり強く、「朝敵」となれば関東を含めた全国の武士たちが自分の命を狙いに一気に攻めよせてくる可能性が高いと感じました。事実、京都にいた御家人の多くは後鳥羽上皇の呼びかけに応じます。

義時は、自分達から朝廷のある京都へ攻めていくことには消極的でした。そんなことをすれば、ますます朝敵の汚名を着せられると考えたのかもしれません。

 

しかし、このとき、幕府の重鎮である大江広元と義時の姉であり、源頼朝の妻であった北条政子がこう言います。

「このまま鎌倉で守りに徹していては、味方の中にも不安が広がり、裏切る者たちが出てくる。ここは京都に攻め入り、一気に敵を叩くべき」

義時はこのアドバイスに従い、一旦京都へ攻め上るように御家人たちに命令を下すも、「鎌倉に籠城したほうが良いのではないか?」との異議が出され、再び悩みます。

その後、三善康信という頼朝以来の重鎮から、「悩んでいるのは時間の無駄。すぐにでも京へ行くべし」といわれ、ようやく義時は息子の北条泰時らわずか18騎に出撃させました。これを見た大勢の御家人たちが泰時に続けと京都へ向かいました。

 

結果は、幕府軍の圧勝でした。朝廷側は、自分達から戦いを仕掛けたにも関わらず、幕府軍が現れるや大いにうろたえ、わずか1ヶ月で敗北しました。

この勝利により鎌倉幕府が得たものはとてつもなく大きなものでした。後鳥羽上皇側についた貴族や西国の武士たちの領土も含めて約3000箇所の荘園を没収することに成功したのです。これは、承久の乱の約35年前に、源氏が平氏を破った際に平氏から没収した荘園のおよそ6倍にもなりました。さらに、上皇や天皇をはじめとした朝廷が、政治に対して余計な口出しができないようにすることにも成功します。

つまり、これにより、全国的な武家政権が成立したのです。この体制は明治維新まで実に650年もの長きに渡って続きます。

自ら積極的に後鳥羽上皇に弓を引く意思がなかった北条義時の立場からすれば、後鳥羽上皇が乱を起こしてくれなければ得られない成果だったと言えるでしょう。

 

先輩や上司と一緒に取り組んでいたある案件において、急に自分一人でやらなければならない事態に遭遇することがあります。

例えば、先輩や上司が急に会社を辞めたり、部署異動になったり等、理由は様々です。その時、多くの人は、「そんなのいきなりは無理!」と感じるでしょう。そして、急にいなくなる先輩や上司を恨むかもしれません。

しかし、このような事態にならなければ、その人はなかなか活躍する機会を得られなかったかもしれません。いつまでも先輩や上司の傍にすわり、会議ではお地蔵様のように静かにしていたかもしれません。自分で色々考えて発言することもなければ、出張する機会も得られなかったかもしれません。

一方、これまでは先輩たちに遠慮していたところがありましたが、先輩がいなくなったことで解放されて、自分のやりたいように進めることができるかもしれません。その結果、先輩や上司がいた頃よりも案件がうまく回りだし、周りからも感謝され、その実力を認められるかもしれません。何より、「自分一人でもやれるんだ」、という自信がつくこともあるでしょう。

 

私の場合、入社してちょうど3年が経ったときに、同じ部署の先輩が留学のためにいなくなったことが大きな転機となりました。その先輩が抱えていた案件のほぼ全てを私が引き継ぐことになったのです。

その中には、大きな海外プロジェクトで生じた損害賠償案件や、国内の裁判案件など、様々な種類の仕事がありました。当時の私には荷が重すぎる案件ばかりだったので、正直断りたい気持ちもありましたが、断れる状況にもなく、引き受けました。しかし、結果的には、それらを経験することで一皮むけることができたと感じています。

 

ピンチはチャンスと一緒にやってきます。

このとき、突然やってきたピンチを「災難」と捉えてしまうかもしれません。しかし、例えば、自分からは積極的に挑戦できない引っ込み思案、または謙虚な人にとっては、向こうからピンチがやってきてくれて、しかもそれが避けようもないものであるときは、逆にチャンスであるともいえます。

ピンチを乗り越えた先に待っているものを想像してみてください。そして、襲ってきたピンチに向かって、心の中で無理にでもこう言ってみてはいかがでしょう。

 

「ありがとう。よく来てくれたね。自分から進んで君に会いに行く勇気はなかったからさ。」

 

上記は、2冊目の著書『歴史が教えてくれる働き方・生き方』の50個のエピソードの中の1つです。他にも様々な時代と人物のエピソードが掲載されております。お求めの際は、できるだけ、通販ではなく、リアルの書店でご購入下さい!(その理由は、こちらに詳しく記載いたしました。ご確認ください)

なお、金額は、税込みで1650円です。

公開日:
最終更新日:2020/01/28