英文契約書の不要なshallを削除しましょう!

      2017/06/29

英文契約のドラフトの練習 第5回です。

 

今回は、「不要なshallを削除」することについてご説明したいと思います。

 

よくある誤りが次のような条文です。

 

The Purchaser shall be required to pay the Contract Price to the Seller.

 

何がおかしいかわかりますでしょうか?

 

shallとbe required toという表現がありますが、これは、どちらも、義務を表す表現です。

 

つまり、どちらか一つ書かれていれば、それで買主に売主への代金支払い義務があることは明確なのです。

 

この点、shallとbe required toが二重に書かれているからと言って、何か法的拘束力に問題が生じるかというと、そんなことはないでしょう。上記のような条文でも、裁判所は、「まあ、変な表現だけど、買主に代金支払い義務があるということだな」と思ってくれて、何かその判断に影響が出る、ということはないと思います。

 

ただ、shallかbe required tonどちらか一方だけの方が、読み手にとっては読むべき文章が短くなり、一方、書き手にとっても、書くべき条文が短くなります。

 

なお、be required toも義務を表すことには違いありませんが、shallを使ったほうがよりよいと思います。なぜなら、shallの方が短い表現で済むからです。単語の数でいえば、1語と3語の違いがあります。

 

shall be required to、be required to、そしてshallを使った条文を並べて比較するとその差は一目瞭然でしょう。

 

The Purchaser shall be required to pay the Contract Price to the Seller.

The Purchaser is required to pay the Contract Price to the Seller.

The Purchaser shall pay the Contract Price to the Seller.

 

なお、義務を表す表現には、他に、be obliged toという表現もありますが、こちらよりも、やはりshallの方が短いので、shallを使ったほうがよいと思います。

しかし、取引先から送付されてくる契約書には、be obliged toやbe required toを使った条文がある場合もあると思いますので、それは義務を表しているのだな、とわかるようになっておく必要はあると思います。

 

もっとも、それをいちいち、「shallの方が分かりやすい!」といって、全部修正することまでする必要はないと思います。be obliged toでも、be required toでも、義務を表していることに違いはありません。

 

次に、以下のような条文も目にすることがあります。

 

The Seller shall be entitled to be reimbursed the cost for the additional insurance by the Purchaser.

 

この条文は、おそらく、「追加の保険の付保のために生じた費用が、買主によって売主に支払われる」ということ、つまり、「買主が追加の保険のための費用を負担する」と言いたいのだろうと思います。

 

この条文で問題なのは、shallとbe entitled toが同時に使われていることです。

 

shallは義務を表し、be entitled toは権利を意味します。すると、この条文は、Sellerの義務を表しているのか、権利を表しているのかわからない条文になってしまいます。

 

ここは、Sellerを主語にするのであれば、文脈から考えて、おそらく、Sellerの権利を表したいのでしょう。

 

そうすると、shallは不要で、以下のように書くのが正しいです。

 

The Seller is entitled to be reimbursed the cost for the additional insurance by the Purchaser.

 

もっとスマートになるのは、義務を中心にして、以下のように書くことです。

 

The Purchaser shall reimburse the cost for the additional insurance to the Seller.

 

以下に、shall be entitled to、be entitled to、そしてshallを使った文章を並べてみると、どれが最も簡潔な条文であるかが分かっていただけるかと思います。

 

The Seller shall be entitled to be reimbursed the cost for the additional insurance by the Purchaser.

The Seller is entitled to be reimbursed the cost for the additional insurance by the Purchaser.

The Purchaser shall reimburse the cost for the additional insurance to the Seller.

 

いかがでしょうか?

 

最後に、次のような条文も時々目にするので、ご紹介します。

 

The Purchaser shall not pay to the Seller any additional cost incurred by the Seller resulting from its performance of the obligation hereunder, unless otherwise provided herein.

 

これは、「本契約に別の定めがない限り、買主は、売主による本契約の履行から生じる追加費用を支払ってはならない」という意味になります。shall notは禁止を意味するからです。

 

しかし、この条文は、おそらく、「支払ってはならない」ではなく、「支払う義務はない」という方が正しいように思います。買主は、契約金額以外に、追加で生じた費用を支払う義務がないだけで、追加費用を支払ったからといって売主に損害が生じるわけでもないので、「追加費用を支払うことを禁止する」必要はないと思えます。

 

よって、この条文は、次のように定めるのが正しいと思います。

 

The Purchaser is not required to pay to the Seller any additional cost incurred by the Seller resulting from its performance of the obligation hereunder.

 

is not required to動詞で、「~する義務はない」という債務不存在を表します。

 

私の経験では、特に不要なshallが使われている例が多いのでご説明させていただきましたが、このshall以外にも、「よく考えると、この単語は不要ではないか?」「こう書いたほうが簡潔な条文になるのではないか?」と思える例は実は結構あります。取引先から送付されてきた契約書をチェックするときに、時間に余裕があれば、そのような視点をもって英文契約書を見るようにすると、少しずつ、簡潔明瞭な条文を自分で作成する力がついてくるように思いますので、ぜひ試してみてください。

 

英文契約の条文を書く際に知っておくと役立つ12個のルール

英文契約における「よい条文」とは何か?

英文契約の条文はできる限り「権利」ではなくて「義務」を中心にして書く!

英文契約の条文を「義務」を中心にして書く練習

英文契約書の不要なshallを削除しましょう!

英文契約書の中の不要なshallを削除する練習

英文契約の条文は、できるだけ能動態で書こう!

英文契約において受動態で書かれている条文を能動態にする練習

主語、(助動詞)、動詞、目的語はできるだけ一塊にしましょう!

できる限り、名詞よりも動詞で表現しようとする!

名詞ではなく、動詞で表現する練習

there is構文およびit is… for …to do構文はなるべく使わないようにしましょう!

ofを削除できないか検討しよう!

不要なofの削除の練習

here-を使って条文をすっきりさせる!

「~に従って」「~に定められている」という表現を覚えよう!

「~に従って」「~に定められている」という表現を使う練習

原則を示す表現と例外を示す表現を覚えよう!

原則を表す表現と例外を表す表現について練習しよう!

英文契約における条文の基本類型を覚えよう!

英文契約の条文の基本類型を練習しよう!

 

 

 - 英文契約のドラフトの練習