Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

EPC契約の頻出英語を使いこなす練習~納期遅延関係~

      2016/11/18

 

1.納期遅延

If the Contractor fails to [①果たす、間に合う] the Provisional Acceptance by the Deadline for the Provisional Acceptance, the Contractor shall pay to the Owner the [②予定された] damages at the applicable rate [③定められた] in Appendix X.

 

※Provisional Acceptance:直訳すると一時的受領だが、「検収」を意味することが多い

 

訳:

もしもコントラクターが納期に遅延した場合には、コントラクターは添付Xに定められている適用レートにて、予定された損害賠償額をオーナーに対して支払わなければならない。

 

回答

①    achieve, attain等

②    liquidated

③    specified, provided, set forth, stipulated等

 

2.納期遅延の予定された損害賠償(納期LD

The [④支払い] of Delay Liquidated Damages shall not in any way [⑤~を解放する] the Contractor from any of its obligations to [⑥~を完成する] the Works under this Contract.

 

訳:

納期LDの支払いは、本契約に基づく仕事を完成するために必要ないかなる義務からもコントラクターを解放するものではない。(※納期LDを支払っても、プラントを最後まで完成させる義務は依然として残っている、という意味)

 

回答

④    payment

⑤    relieve

⑥    complete

 

3. 納期LDの排他性

The payment of Delay Liquidated Damages shall be the [⑦唯一の] and [⑧排他的な] remedy of the Owner for [⑨遅延].

 

訳:

納期LDの支払いは、遅延についての、オーナーの唯一かつ排他的な救済である(コントラクターが納期LDを支払うことで、コントラクターによる遅れについての責任は全て果たされる、という意味)。

 

回答

⑦    sole

⑧    exclusive

⑨    delay

 

 

4.納期LDの上限

The [⑩累積] liability of the Contractor for Delay Liquidated Damages shall not [⑪超える] the amount equal to 20% of the Contract Price.

 

訳:

納期LDの累積金額は、契約金額の20%相当額を上限とする。

 

回答

⑩    aggregate

⑪    exceed

 

なお、納期遅延・納期LDについての詳しい解説は、以下をご参照ください。

納期遅延の場合のコントラクターの責任

納期延長になる場合

LD/リキダメ

納期LDの上限

sole and exclusive remedy

中間マイルストーン

納期LDと英米法の「懲罰的損害賠償の禁止」の原則の関係

 - EPC契約の頻出英語を使いこなす練習