Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

EPC契約におけるコストオーバランの原因と対策② コストオーバランとは何か?損害賠償とは違うのか?

      2017/06/03

 

ストオーバーランとは何か

 

契約締結時点に想定していた費用を超える費用が契約締結後の履行中に発生してしまうことです。

 

これが起きると、請負人であるコントラクターは契約締結時点に想定していたような利益を生み出すことができなくなるばかりか、場合によっては契約金額を超える費用が発生してしまうことになります。

 

つまり、案件ベースで赤字となってしまいます。

 

コストオーバーランの恐ろしさ~損害賠償との比較~

(1)  損害賠償とコストオーバーランの違い

以下に、損害賠償とコストオーバーランの違いをまとめます。

損害賠償 コストオーバーラン

内容

契約違反または法律違反によって契約相手方または第三者に損害を生じさせた場合にコントラクターがそれを賠償しなければならないこと コントラクターが契約締結時に見込んでいた以上の費用が契約上の義務を履行するために生じてしまうこと(契約または法律に違反しているか否かとは無関係)

 

(2)  損害賠償はある程度制限される

請負人であるコントラクターが納入した機器に瑕疵があった場合に、そこから生じた発注者であるオーナーの損害を賠償するという場面では、通常、オーナーとの間で締結したEPC契約中に定められている「損害賠償の上限条項」によって、コントラクターが賠償しなければならない金額は、せいぜい、契約金額の100%までとされるのが一般的です。

 

また、逸失利益といった賠償金額が莫大になりえる損害についても、EPC契約上で免責されることが明記されていることが多いです。

 

よって、損害賠償によってコントラクターが賠償させられる金額は、ある程度限定されるのが通常です(もっとも、日本政府や自治体との間の契約では、上記の損害賠償の上限条項も逸失利益の免責条項も契約に定められていないことがよくあります。海外とのEPC契約であれば、ほぼ全てに責任上限と逸失利益免責条項が入っていると思います)。

 

(3)  コストオーバーランは無限の追加費用を生じさせ得る

 

一方で、コストオーバーランは必ずしも損害賠償だけで引き起こされるわけではないので、契約上の損害賠償の上限条項も逸失利益を免責する条文が定められていても、コントラクターが負担する費用の金額がそれらによって制限されることにはなりません。

 

EPC契約上、コントラクターはEPC契約で定められた仕事を完成させる義務を負っているので、例えば、コントラクターに見積もり落ちがあったために、EPC契約締結時点ではコントラクターが想定していなかった追加費用が発生したとしても、コントラクターはその分をオーナーに対して請求することはできません。

 

見積もり落ちがあろうが、コントラクターは合意した契約金額を対価として得られるだけであり、それ以上にオーナーに対して金額を請求できるのは、オーナーが契約締結後に仕様変更を要求し、それによってコントラクターに追加費用が発生した場合等の限られた場合です。

 

そのため、コストオーバーランは、理論上は、無限の損失をコントラクターに生じさせることになる危険をはらんでいるといえます。

 

なお、損害賠償とコストオーバーランが同時に生じた場合には、コントラクターにとって、まさに踏んだり蹴ったりの状態となります。

 

 

 

EPC契約におけるコストオーバーランの原因と対策

EPC契約におけるコストオーバランの原因と対策② コストオーバランとは何か?損害賠償とは違うのか?

EPC契約におけるコストオーバーランの原因と対策③ 初めて受注する案件での経験不足からくる見積もり落ち

EPC契約におけるコストオーバーランの原因と対策④ 仕様書記載の解釈の食い違いと仕様書に記載がない事項

EPC契約におけるコストオーバーランの原因と対策⑤ 手続きをし損ねた場合

EPC契約におけるコストオーバーランの原因と対策⑥ 設計前に工事完成までの費用を見積もらなければならないこと

 - EPC契約におけるコストオーバーランの原因と対策について