フロートは誰のものか?その②フロートに関する記載が契約書にない場合~これからプロジェクトマネージャーになる人のためのDelay Analysisの基礎知識⑥~

      2019/11/17

フロートが誰のものかが契約書に明記されていれば、その定めに従うことになります。

 

つまり、「フロートは、コントラクターのもの」と定められれば、コントラクターのみがフロートを消費することができます。フロートがついている仕事がコントラクターのせいでない理由で遅れた場合には、フロートが維持されるように納期が延長されることになるでしょう。

 

一方、「フロートは、プロジェクトのもの」と定められれば、コントラクターもオーナーもフロートを消費することができることになります。「プロジェクトのもの」とはそういう意味です。

 

そしてここで重要なのが、「フロートはプロジェクトのもの」とした場合には、要は、「早い者勝ち」となります。つまり、先に遅れを生じさせたものが、フロートを使うことができるということです。

 

前の記事で使った例によれば、フロート1ヶ月分を先にオーナーのせいで生じた遅れのために使い切ったあとに、たった1日だけコントラクターが遅れを生じさせた場合には、オーナーはなんら遅れについて責任を問われず、コントラクターだけが納期遅延の責任を負います(つまり、納期遅延LDをオーナーに支払わなければならないことになります)。以下の図はそれを示しています。

 

さて、それでは、契約書に、上記の様なフロートの定めが契約中にない場合には、一体どうなるのでしょう?

 

答えは、「決まっていない」です。

 

つまり、「契約書にフロートの定めがない場合には、どういう扱いとすべきか」という点について、世界共通のルールはないのです。

 

ただ、英国と米国においては、次のような傾向があるとされています。

 

英国の場合

契約書にフロートの帰属についての定めがない場合には、フロートは「プロジェクトのもの」と捉える。(参考文献:SOCIETY OF CONSTRUCTION LAW DELAY AND DISRUPTION PROTOCOL 2nd edition February 2017 / CONSTRUCTION DELAYS EXTENSIONS OF TIME AND PROLONGATION CLAIMS / 200 Contractual Problems and their Solutions)

 

米国の場合

契約書にフロートの帰属についての定めがない場合には、フロートは「コントラクターのもの」と捉える。(参考文献:200 Contractual Problems and their Solutions / Understanding & Negotiating Construction Contracts)

 

その他の国でどうなのかはわかりません。おそらく、このためかもしれません。通常はフロートの帰属についての定めは契約書にはないことが多いのですが、時々、明記されている場合があるのです。書いておかないとどういう扱いになるのかわからないので、明記しておこう、と考える弁護士やプロジェクトの契約担当者がいるのでしょう。

 

では、上記を踏まえた場合に、コントラクターの立場で、フロートの契約上の記載について気を付けるべきことは何でしょうか?

 

それは、少なくとも、「フロートは、オーナーだけが使うことができる」という定めがある場合には、削除するようにする、ということでしょう。例えば、以下のような条文です。

Any float in the construction schedule shall be for the exclusive benefit of the Owner.

「スケジュール上のフロートは、オーナーの排他的な利益のためにあるものとする。」

 

もしもこのような記載のまま契約を締結してしまえば、コントラクターはフロートを全く消費できないことになってしまいます。これはコントラクターにとって大変不利なことです。コントラクターとしては、フロートは、自分だけが使えるとするのが最も有利で、それが叶わなくても、自分も、そしてオーナーも使える、という扱いとするのは最低ラインでしょう。

【私が勉強した原書(英語)の解説書】

残念ながら、EPC/建設契約についての日本語のよい解説書は出版されておりません。本当に勉強しようと思ったら、原書に頼るしかないのが現状です。

原書で勉強するのは大変だと思われるかもしれませんが、契約に関する知識だけでなく、英語の勉強にもなりますし、また、留学しなくても、英米法系の契約の考え方も自然と身につくという利点がありますので、取り組んでみる価値はあると思います。

EPC/建設契約の解説書 EPC/建設契約の解説書 納期延長・追加費用などのクレームレターの書き方
法学部出身ではない人に向けて、なるべく難解な単語を使わずに解説しようとしている本で、わかりやすいです。原書を初めて読む人はこの本からなら入りやすいと思います。 比較的高度な内容です。契約の専門家向けだと思います。使われている英単語も、左のものより難解なものが多いです。しかし、その分、内容は左の本よりも充実しています。左の本を読みこなした後で取り組んでみてはいかがでしょうか。 具体例(オーナーが仕様変更を求めるケース)を用いて、どのようにレターを書くべきか、どのような点に注意するべきかを学ぶことができます。実際にクレームレターを書くようになる前に、一度目を通しておくと、実務に入りやすくなると思います。
納期延長・追加費用のクレームを行うためのDelay Analysisについて解説書 海外(主に米国と英国)の建設契約に関する紛争案件における裁判例の解説書 英国におけるDelay Analysisに関する指針
クリティカル・パス、フロート、同時遅延の扱いに加え、複数のDelay Analysisの手法について例を用いて解説しています。 実例が200件掲載されています。実務でどのような判断が下されているのかがわかるので、勉強になります。 法律ではありません。英国で指針とされているものの解説です。この指針の内容は、様々な解説書で引用されていますので、一定の影響力をこの業界に及ぼしていると思われます。
Society of Construction Law Delay and Disruption Protocol

2nd edition February 2017

DelayとDisruptionの違い 納期延長に伴って生じる費用(prolongation cost)について その③ 本社経費と逸失利益における因果関係と金額の立証方法
クリティカル・パス その①
クリティカル・パス その②
フロートとは何か?
フロートは誰のものか?
フロートは誰のものか?契約書に記載がない場合
同時遅延の扱い その① 納期延長について
同時遅延の扱い その② 追加費用について
納期延長に伴って生じる費用(prolongation cost)について その①
納期延長に伴って生じる費用(prolongation cost)について その② 本社経費と逸失利益

 

 

 - Delay Analysisの基礎知識