オーナーから提供されるサイト情報の正確性に関する条文例と構造の解説

      2019/11/05

通常、サイトに関する情報はオーナーがコントラクターに提供します。このサイト情報に誤りがある場合、つまり、実際のサイトの状況が、オーナーが提供したサイト情報と齟齬があることが契約締結後に発覚した場合、オーナーとコントラクターのどちらが責任を負うべきかが問題になります。この点については、こちらに解説していますので、ご参照ください。

以下は、コントラクターが責任を負うことになる条文例です(コントラクターにとっては厳しいですが、実際にはこのように定められていることは意外と多いです)。

 

例文①

The Contractor agrees that he has carefully examined the Site and the information regarding the Site conditions provided by the Owner, is familiar with the Site conditions affecting the Work and has prepared his pricing accordingly. The Contractor is not entitled to claim to the Owner any additional compensation or extension of time if such Site conditions differ from those expected by the Contractor.

 

意訳

「コントラクターは、サイトおよびオーナーから提供されたサイトに関する情報を注意深く検討し、仕事に影響するサイト状況をよく理解しており、そして、サイト状況に応じて契約金額を算出したことに同意する。コントラクターは、もしもかかるサイト状況が、コントラクターが予想したものと異なっていても、追加費用の負担や納期延長の請求をオーナーに対して行うことはできない。」

 

構造

英単語

has carefully examinedhas preparedは現在完了形となっています。英文契約で現在完了が使われることはそう多くありません。これは、「契約締結時までに、コントラクターがサイト状況を検討し、それを踏まえて契約締結時までに契約金額を算定した」という意味です。契約締結後に検討したり、算定したりしたわけではない、という点が現在完了を用いることで表されています。

このように、「契約締結時までに契約当事者がある行為を行った」ということを契約書に定める場合には、現在完了形が用いられる、ということを抑えておきましょう。

 

compensationは、「補償」とか「損害賠償」という意味です。ここでは、サイトの状況が、コントラクターが予想していたものと違っていた結果必要となる追加費用の負担を指します。

 

extension of timeは、納期の延長です。time自体は「時間」ですが、EPC契約でextension of timeという表記が出てきたら、ほぼ間違いなく、そのtimeは「納期」を意味していると考えてよいでしょう。

 - 英文の条文例と構造の解説, 未分類