何回繰り返せばできるようになるのか?

   

スポーツや勉強に打ち込んだことがあるかたは、たぶん、次のようなことをトレーナーや先生に質問したことがあるのではないでしょうか?

 

何回この練習をすれば、できるようになるでしょうか?」

 

一日何時間勉強すれば、第一志望の学校に合格できるでしょうか?」

 

私も、このようなことを質問したことがあります。

 

そして、大抵の場合は、「だいたい100回くらい」とか、「1日最低3時間」といったような回答をもらいました。

 

そして、その回数や時間をこなすように取り組んでいました。

 

しかし、大人になるにつれて、昔私がした「何回やればできるようになるのか?」「何時間で合格できるか?」といった質問への答えは、次のようなものが正しいのではないかと思うようになりました。

 

もしかしたら、答えになっていないかもしれませんが、その答えとは・・・。

 

 

 

できるようになるまでやる」です。

 

 

 

いやいや、だから、できるようになるのは、何回繰り返した場合なのか、何時間取り組んだ場合なのかを質問しているんです、と思う方もいるでしょう。

 

しかし、人間は、その能力に大きな開きがあります。

 

記憶力が良い人もいれば、そうでない人もいます。

 

もともと、ある動きに対してセンスがある人もいれば、そうでない人もいます。

 

また、上記の様ないわゆる才能・能力に加えて、バックグラウンドにも大きな開きがあります。

 

例えば、英語に関しては、帰国子女なのか、留学に行ったことがあるのか、これまで一度も海外に行ったこともないのか、では、英語習得への時間は全く異なるでしょう。

 

そういった差があるにも関わらず、「一般的には何回繰り返せばできる」とか「何時間勉強すればできる」といったことは、あくまで一般論であって、自分に当てはまる保証はないわけです。

 

にもかかわらず、「だいたい何時間くらいやればできるはず」と言われると、もしもそれだけの時間を費やしてもできなかった場合、「自分にはできないのか・・・」と思ってしまいがちです。

 

もしかすると、あと少し繰り返せば、できるようになるかもしれなかったのに、その目安時間・目安回数をやってできなかった時点で、あきらめてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

実際、私には、こんな経験があります。

 

英語のあるリスニング教材で、「1日30分の練習を3ヶ月繰り返せば上達する」といううたい文句のものがありました。

 

私はそれを信じ、1日30分を3ヶ月繰り返しました。

 

しかし、思ったほど成果が出ませんでした

 

しかし、その教材が採用している練習方法は、自分でも納得のいくものだったので、繰り返せば必ずできるようになると信じていました。そこで、うたい文句は無視して、1日1時間繰り返し練習することにしました。

 

すると、その後2週間もしないうちに効果を実感し始めたのです。

 

うたい文句は、1日30分を3ヶ月でしたが、私は、3カ月目以降1日60分を2週間足したことによって、上達しました

 

もしも、うたい文句だけを頼りにしていたら、3ヶ月で効果が出なかった時点であきらめていたと思います。

 

 

 

結局、本当に何かができるようになりたいと思ったなら、「できるようになるまで繰り返すしかない」のだと思います。

 

何回でできるか、何時間やればいいのか、それを気にする気持ちはわかります。

 

「それだけやればいいのか」と安心できます。

 

特に、そのとき提示された回数や時間が短いほど安心します。

 

それなら自分にもできそうだ、と感じます。

 

しかし、もしもその時間・回数でできなかった場合には、一気に自信を無くすことになります。

 

その意味で、一般的な目安時間・回数は、もろ刃の剣です。

 

目安はあくまで目安と割り切って、あとは、方法論として間違っていないと思ったならば、できるようになるまでひたすら繰り返す。

 

それだけで、仕事に関する大抵のことは、できるようになるのではないかと思います。

 - 未分類