Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

契約書に定められているたった2つのこと

   

今回は、「契約書に定められているのは、結局は、たった2つのことだ」というお話をしたいと思います。

 

契約書は、色々なことが書かれていて、まだ契約書に慣れていない人にとっては、内容を理解するのは難しいと感じると思います。

 

でも、実は、突き詰めれば、契約書には、たった2つのことしか定められていないのです。

 

それを意識すると、契約書のチェックもしやすくなります。

 

その2つのこととは・・・。

 

 

 

当事者の権利」と「当事者の義務」です。

 

 

 

つまり、「~することができる」(権利)と「~しなければならない」(義務)ということが定められているのです。

 

試しに、蛍光ペンを2本用意して、契約書中の「義務」と「権利」を色分けして塗っていくと、契約書は、ほぼこの2色で塗り固められることになります。

 

特に、「権利」よりも「義務」の形で書かれていることの方が多いのです。

 

例えば、売買契約においては、「売主は、買主に対して、商品の対価を請求できる」という権利の形で書くよりも、「買主は、売主に対して、商品の対価を支払わなければならない」という義務の形で定められることの方が多いです。

 

これは英文契約書でも同じです。

 

「義務」は、「契約当事者+shall+動詞の原型」形

となり、

「権利」は、「契約当事者+mayまたはbe entitled to+動詞の原型」の形

となります。

 

そして、契約書を検索すると、mayやbe entitled toよりも、shallの方が圧倒的に多くヒットします。

 

つまり、「義務」の形で書かれるほうが多いということです。

 

 

これを意識すると、契約書の検討も、次のような視点で行えばよいことがわかります。

 

自分たちの「義務」について書かれている条文は、「自分たちにできることなのか?」「自分たちが約束してもよいものなのか?」という観点でチェックします。

 

自分たちの「権利」について書かれている条文は、「自分たちが相手にしてほしいと望むものはこれでよいのか?他に、もっとしてもらうべきものはないのか」という観点でチェックします。

 

もちろん、当事者の権利と義務以外のことも契約書には定められていますが、この2つで8割から9割は占められていますので、まずは、この「権利」と「義務」を意識するようにしてみてください。

 - 未分類