Q: コントラクターからオーナーへのクレームの通知は、コントラクターとオーナーとの間で行われた会議の議事録をもって代えることはできるか?

   

回答

会議の議事録をもって代えることはできない、と考えるべき

 

解説

EPC契約には、クレーム事由(仕様変更、法令変更といった納期延長・追加費用をコントラクターがオーナーに対して請求できる場合)が発生した場合には、コントラクターがオーナーにクレームの通知を書面で発行するように定められていることが一般的である。

 

ここで、コントラクターとオーナー間で開催された会議において、コントラクターがオーナーに対してクレーム事由が起きたことや、納期延長・追加費用の請求をしたとする。おそらく、それらはその会議の議事録に残されるだろう。

 

しかし、EPC契約にコントラクターが納期延長や追加費用を得られる条件として、「コントラクターからオーナーへの書面の通知」が必要とされている場合には、あくまで、EPC契約の記載に従うべきである。

 

確かに、上記の様な議事録でも、オーナーはクレーム事由が起きたことを認識させられることにはなるが、EPC契約の条文に従った手続きをしていないという理由でコントラクターは納期延長・追加費用を得られなくなる可能性がある。

 

「契約書にはどう書いてあるか?」をよく読み、それに忠実に従うという癖をつけるようにすることが、特に海外案件では重要である。

 - EPC契約に関するQ&A