Q:納期延長のクレームをした場合、それは同時に追加費用のクレームもしたと扱われるか?

   

回答

扱われない。

 

解説

例えば、法令変更やオーナーからの仕様変更命令があった場合、コントラクターは、それらによって履行が妨げられた範囲で納期を延長してもらえることになっていると同時に、生じた追加費用を得られることになっているとEPC契約に定められているのが通常である。

 

しかし、納期延長と追加費用を得るためには、その両方について、EPC契約に定められているクレーム手続きを経る必要がある。

 

決して、「納期延長についてクレームをすれば、当然、追加費用も得られる」ということではならない。EPC契約をしっかりと読んで、両方を得られるように適切にクレーム手続きを行おう。

 - EPC契約に関するQ&A