Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英文契約における条文の基本類型を覚えよう!

      2017/03/11

英文契約のドラフトの練習 第20回

 

今回は、英文契約の中で頻繁にでてくる条文の類型についてご説明したいと思います。

 

英文契約書には、色々な条文が出てきます。

 

それらをカテゴリー分けすることは、到底できないだろう。

 

私は最初、そう思っていました。

 

しかし、何本も英文契約書を読んでいるうちに、条文は、次のように、大きくは次の6つのパターンに分けられることに気付きました。

 

1. 当事者の義務

2. 当事者の権利

3. 当事者の権利・義務ではなく、契約当事者が従わなければならないルール

4. 当事者によるある事実の認識・理解

5. 当事者によるある事実の表明

6. その他

 

以下、上記6つのカテゴリーについてご説明します。

 

1と2は、契約書とは、そもそも、当事者間の権利義務を確認する文書であるので、理解できると思います。そして、義務はshallで、権利は、be entitled toまたはmayで表すので、1.「当事者の義務」は、主語+shall+動詞で、2.「当事者の権利」は、主語+be entitled to/may+動詞で表すことができます。

 

次に、3.「当事者の権利・義務ではなく、契約当事者が従わなければならないルール」は、例えば、定義条項とか、準拠法などの一般条項の一部です。定義条項は、当事者の義務ではなく、「この契約書で使われる文言は、こういう意味で使いますよ」というルールなのです。準拠法も、「この契約書は、どこの国の法律に従って解釈するか」を定めたルールです。よって、これらは、shallでもmayでもなく、現在形で記載されます。

 

そして、4.「当事者によるある事実の認識・理解」を表す条文です。これも、当事者の権利や義務を定めるものではありません。当事者が、「これこれこういう事実を認識しています!理解しています!」ということを定める条文です。これは、主語+acknowledge(s)/understand(s)+目的語という形で定められます。この場合も、shallもmayも使われません。

 

さらに、5.「当事者によるある事実の表明」で、当事者が、「これこれは真実です!」と相手方当事者に宣言するような条文です。これは、主語+represent(s)/warrant(s)+目的語の形で使われます。これもやはり、当事者の権利でも義務でもないので、shallもmayも使われません。

 

最後は、6.「その他」ですが、これは、例えば、契約書の冒頭の文章(契約の背景の記載も含む)や終わりの部分の文章です。これはもう「型」があるので、どう書くかについてさほど悩むことはないでしょう。

 

以上をまとめると、次のようになります。

 

内容 基本形
義務 主語+shall+動詞
権利 主語+be entitled to/may+動詞
ルール 主語+動詞+目的語(助動詞なし)
事実の認識・理解 主語+acknowledge(s)/understand(s)+目的語
事実の表明 主語+represent(s)/warrant(s)+目的語
その他 冒頭・背景・終わりの部分

 

上記の中で、1と2、つまり、当事者の権利義務を定める条文が、契約書中の8割以上を占めていると思います。

 

英文契約中の条文を書く際は、上記のどの類型に当たるものを書こうとしているのかを意識すると書きやすくなると思います。

 

英文契約の条文を書く際に知っておくと役立つ12個のルール

英文契約における「よい条文」とは何か?

英文契約の条文はできる限り「権利」ではなくて「義務」を中心にして書く!

英文契約の条文を「義務」を中心にして書く練習

英文契約書の不要なshallを削除しましょう!

英文契約書の中の不要なshallを削除する練習

英文契約の条文は、できるだけ能動態で書こう!

英文契約において受動態で書かれている条文を能動態にする練習

主語、(助動詞)、動詞、目的語はできるだけ一塊にしましょう!

できる限り、名詞よりも動詞で表現しようとする!

名詞ではなく、動詞で表現する練習

there is構文およびit is… for …to do構文はなるべく使わないようにしましょう!

ofを削除できないか検討しよう!

不要なofの削除の練習

here-を使って条文をすっきりさせる!

「~に従って」「~に定められている」という表現を覚えよう!

「~に従って」「~に定められている」という表現を使う練習

原則を示す表現と例外を示す表現を覚えよう!

原則を表す表現と例外を表す表現について練習しよう!

英文契約における条文の基本類型を覚えよう!

英文契約の条文の基本類型を練習しよう!

 

 - 英文契約のドラフトの練習