原則を表す表現と例外を表す表現について練習しよう!

      2017/03/11

英文契約のドラフトの練習 第19回

 

今回は、原則を表す表現と例外を表す表現について練習をしたいと思います。

 

以下の英文中の[ ]内の日本語を意味する英語は何か考えてみてください。

 

答えは、下の方にあります。

  1. [本契約に他に明示的に定められていない限り(unlessを使って)], the capitalized terms used herein have the meaning assigned to them in Agreement.

 

  1. [本契約に他に定められていない限り(exceptを使って)], the Purchaser shall not disclose or transfer the Supplier’s Confidential Information to third parties.

 

  1. [本契約に他に特別に定められていない限り(exceptを使って)], the Seller shall bear and pay all taxes, duties, levies and charges assessed on the Seller by all local, state or national government authorities in connection with the Product.

 

  1. [本契約に反対のことが定められているとしても], the aggregate liability of the Contractor to the Owner under the Article 17 (Defect Liability) hereof and liquidated damages payable to the Owner under the Article 19.2 and the Article 19.3 hereof shall not exceed the amount equal to the Contract Price.

 

  1. [本契約のいかなる条文にも関わらず], Force Majeure shall not apply to any obligation of the Purchaser to make payments to the Seller hereunder.

 

 

 

 

 

 

 

答え

  1. [Unless otherwise expressly provided herein], the capitalized terms used herein shall have the meaning assigned to them in Agreement.

 

  1. [Except as otherwise provided herein], the Purchaser shall not disclose or transfer the Supplier’s Confidential Information to third parties.

 

  1. [Except as otherwise specifically provided herein], the Seller shall bear and pay all taxes, duties, levies and charges assessed on the Seller by all local, state or national government authorities in connection with the Product.

 

  1. [Notwithstanding anything to the contrary provided herein], the aggregate liability of the Contractor to the Owner under the Article 17 (Defect Liability) hereof and liquidated damages payable to the Owner under the Article 19.2 and the Article 19.3 hereof shall not exceed the amount equal to the Contract Price.

 

  1. [Notwithstanding any provision hereof], Force Majeure shall not apply to any obligation of the Purchaser to make payments to the Seller hereunder.

 

 

英文契約の条文を書く際に知っておくと役立つ12個のルール

英文契約における「よい条文」とは何か?

英文契約の条文はできる限り「権利」ではなくて「義務」を中心にして書く!

英文契約の条文を「義務」を中心にして書く練習

英文契約書の不要なshallを削除しましょう!

英文契約書の中の不要なshallを削除する練習

英文契約の条文は、できるだけ能動態で書こう!

英文契約において受動態で書かれている条文を能動態にする練習

主語、(助動詞)、動詞、目的語はできるだけ一塊にしましょう!

できる限り、名詞よりも動詞で表現しようとする!

名詞ではなく、動詞で表現する練習

there is構文およびit is… for …to do構文はなるべく使わないようにしましょう!

ofを削除できないか検討しよう!

不要なofの削除の練習

here-を使って条文をすっきりさせる!

「~に従って」「~に定められている」という表現を覚えよう!

「~に従って」「~に定められている」という表現を使う練習

原則を示す表現と例外を示す表現を覚えよう!

原則を表す表現と例外を表す表現について練習しよう!

英文契約における条文の基本類型を覚えよう!

英文契約の条文の基本類型を練習しよう!

 

 - 英文契約のドラフトの練習