Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

C評価は、A評価よりも優れている

      2017/03/04

「ある大学の専門科目の講義中における教授のアドバイス」

 

「ところで、大学生活も1年が経ちましたが、どうですか?みなさん。大学生活にはなれました?まさか大学の勉強ばっかりしている人はいないと思いますが、念のために毎年2年生になった学生の方々に言っているんですが、大学では、試験でA評価なんか目指しちゃだめですよ。試験はことごとくC評価目指すべきですからね。

 

「どうして?」という顔をしている人が多いですね。そうですよね・・・やっぱり言われないとわからない人って結構いるんですよね。

 

うすうす気が付いていると思いますが、社会に出たときに、大学で学んだ知識がどれだけ役に立つと思いますか?ほぼ全く役に立たないんですよ。

 

それはなぜか?

 

いいですか?大学は研究機関であって、一方、会社はそうではなく、利益追求団体だからですよ。

 

もちろん、会社の中にも研究所をもっているところはあります。しかし、たいていその研究所でも、「近い将来会社の利益につながるだろうと思われること」をするのです。

 

一方、大学は、「いつ役に立つかわからない、もしかしたら、一切役に立たないことかもしれないことも含めて、とにかく研究する」という機関なのです。

 

こういうと、大学って無駄なところと思われがちですが、決してそうではないですよ。

 

「いつ役に立つかわからないもの」が、「いつか役に立つ」こともあるんです。

 

大学では、そういうものをとことん追求できるのがよい点です。そういうものが世の中を思いがけず進歩させますからね。

 

なので、両者は全く目的を異にしていると思ったほうがよいでしょう。

 

では、会社で重要になる力は何だと思いますか?

 

複数のことを次から次へと処理していく力です。

 

一方、大学の研究は、一つのことを追及していくことがメインです。

 

この違いは大きいです。

 

会社では、決められた期間内に一定の成果を出すことを求められます。完璧なレベルなんて求められません。とにかく毎日毎日次から次へとやるべきことが出てきます。一つのことにのみのめり込んでしまう人がいたら、仕事はまわりません。そういう人は、組織から見たら迷惑ですらあります。

 

では、次から次へ降ってくる仕事をこなすために必要な力はなんだと思いますか?

 

それは、決して100点を取る力ではありません。とりあえず合格点を取る力です。しかも、素早く、確実にです。

 

「仕事の合格点とは何か」は、その仕事によって異なります。会社に入ったら、自分の仕事の合格点を常に意識するべきでしょう。

 

決して、100点を目指してはいけません。よほど暇な部署にでも配属されない限り、100点を目指す人は害です。そういう100点に拘る人は、一瞬は高い評価を受けるかもしれません。一見、ものすごくできる人に見えるからです。しかし、そういう人は、仕事が次々と舞い込んできたときにその欠点を露呈します。

 

具体的には、「私はこの仕事で忙しいので、他の人に割り振ってください」と言い出します。他の人ももちろんそれなりに忙しいのです。その状況を見て、上司は仕事を割り振っています。にも拘わらず、自分一人はさも芸術品を仕上げようとするがごとく、一つまたは少しの仕事の質を高めようとします。上司は、全体的にうまくやってほしいだけなのです。

 

では、その人たちは、「合格点ぎりぎりを超えるように」仕事をすることができるでしょうか?

 

できません。なぜなら、そういう人たちは、100点の取り方は知っていても、合格点が何かを知らないからです。

 

というよりも、その手の人たちからしてみると、合格点はまさに100点だけなのです。

 

しかし、100点を取らないと合格できない試験なんてありません。世の中で難関と言われているような大学ですらも、6割とれば合格できます。

 

要は、その人達は、ポイントが分かっていないのです。あれも大事、これも大事、という人なのです。

 

社会では、この合格点を把握し、それを超えるだけの仕事を次々としていく力が重要になります。

 

これはつまり、「その仕事の本質は何か?」を知ることが前提になります。

 

「何が重要か?」「はずしてはいけないポイントは何なのか?」

 

取り組む仕事ごとにこれらを掴む力が必要になります。

 

それは、仕事の中で掴むこともできますが、この大学でも養うことができます。

 

それは、常にテストでC評価を狙っていくというものです。

 

C評価を毎回確実に取るためには、その授業の中で講義される内容の本質を理解する必要があります。

 

ここで重要なのは、決してA評価を取ろうとしないことです。大学の授業は、時間をかければ、誰でもA評価を得ることができます。

 

そうではなく、あえてC評価だけを狙っていくのです。B評価もダメです。C評価を狙ってC評価を確実に取りに行くのです。

 

このことは、思っているよりも簡単ではありません。うっかり本質を外した勉強をすると、単位を落とします。一方、あれもこれもと手を広げて勉強すると、B評価やA評価まで取ってしまいます。

 

 

 

ここまで聞いて、おそらく、ふざけたことを教える教授だと思われた人もいることでしょう。しかし、私は大まじめです。実際、私のこれまでの経験で、学生時代にA評価ばかり取っていた人は、退屈な人間ばかりです。

 

そもそも大学では、色々なものに自分の興味が広がるのが普通です。大学が用意した科目の勉強はつまらない。自分はこっちにより興味がある、こう思うのが普通です。

 

にも関わらず、A評価をとるために、与えられた科目だけ勉強して、それだけで大学生活を過ごしてしまうような人は、社会に出てからも、教科書を与えられることを望むようになります。

 

社会に出ると、教科書なんてありません。自分で問いを立てて、自分でその問題を解いていくのです。誰も「はい、この問題を解いて。そのためには、これを見ればわかるから」なんて言ってくれません。

 

A評価を取るために大学生活の大部分の時間を過ごした学生は、そのような社会人になります。

 

一方、大学の授業はそこそこに、自分の興味の赴くままに何かに夢中になりだす人は、大学の授業での単位の取得のための勉強は必要最低限にしたいと思うようになります。C評価を取ればよい、あとは自分が好きなことに時間を費やしたい、こう思うのです。

 

すると、自然と、「C評価を確実に取るにはいかなる点を抑える必要があるのか?」と考えます。単純な山をかけることは、単位を落とすリスクもあるので、そのようなことだけに頼りません。試験で確実に出るのは何か、そしてC評価を取るためにはどこまで勉強すればよいか、と考えます。

 

そうして結果としてC評価を取っている人は、その授業の本質を理解している人です。あれもこれもと勉強してA評価をとる人よりも、はるかに本質は何かをわかっているのです。社会に出たときにどちらのタイプが活躍するかは明らかです。

 

ここで一つ注意したいのは、大学の授業に自分が本心から興味を持てたというものであれば、A評価を取るほど勉強することを否定しているのではありません。

 

私が言いたいのは、大学生にもなって、大学がこれを学べと言っているからという理由でつまらないと思いつつ、「とりあえずいい点数を取っておいたほうが就職に有利になるかもしれないから」というくだらない理由のために、せっかく勝ち取ったこの自由な時間を無駄にするな、と言いたいのです。

 

それに、大学の授業の評価で採用を決めるような企業はろくな会社じゃありません。よって、いい評価を得ても、たいして就職に有利になりはしない、とも言いたいのです。

 

そんなことを気にするよりも、自分が興味を持ったものにとことん打ち込み、かつ、物事の本質を理解する練習をこの大学でしたほうがその後の人生に大いに役立つ、と言いたいのです。」

 

この自由な大学という場を、高校生の延長としかとらえず、相変わらず与えられた科目をまじめにこなしていれば将来いいことがあるはずだ、なんて考えるのは、もはや思考の停止でしょう。そんな人間が、社会で役に立つ人間になれるはずがないじゃないですか。

 

 

では、脱線はこのくらいにして、テキストの○ページについて解説します・・・。」

 

これから就職活動をする方々に参考にして欲しい記事

どうして面接では、「学生時代にがんばったこと」を詳しく聞かれるのか理由が知りたい方へ

資格試験に落ちたからしょうがなく民間企業の面接を受けることになり、落ち込んでいる方へ

絶対に、何が何でも、自分がやりたい職業につきたい!と考えている方へ

仕事は常に自分が主役になれるようにしたい!脇役になんてなりたくない!と考えている方へ

あ~、どの会社に入るかきめられない!と嘆いている方へ

「会社って、そもそも誰のもなんだろう?」と疑問に思った方へ

「自分には、きっと何の才能もないんだろうな・・・」と思っている方へ

学生時代と社会人って、一体何が違うんだろう?と思っているあなたへ

「総務とか、経理とか、法務などのスタッフ職のやりがいって、一体何なんだろう?」と思っているあなたへ

仕事ができるようになるために一番大切なものってなんだろう?と思っているあなたへ

「会社に入ってから、パワハラにあったらどうすればよいのだろう?」と不安なあなたへ

「就活が忙しくて授業の単位落としそう・・・!」と嘆いているあなたへ

「自分はいつも正しい。面接でもOB・OG訪問でも正しいことを堂々と語ってやる!」と意気込んでいるあなたへ

「会社に入ったら、同期とはずっと給料同じで差はつかないんでしょ?」と思っているあなたへ

「自分はなんでも完璧を目指す。完璧にできないなら、しないほうがいい!」と思い込んでいるあなたへ

「会社で評価される人ってどんな人なんだろう?」ということが気になるあなたへ

「仕事ができるサラリーマンになりたい!」と思っているあなたへ

「将来、今ある仕事の大部分は機械でできるようになるんじゃないか?そのときに備えて自分はどうすればいいんだ?」と今から不安を感じているあなたへ

「やばい!大学の授業の単位は、全部C評価ばっかりだ!」と今更焦っているあなたへ

「最近、就活のために疲れがたまってきた・・・」というあなたへ

上記の記事を読んで「もっと仕事について知りたい!」と感じた学生の方は、下の仕事についての記事もご覧ください

(※3分の1ほど上記の記事とかぶっています)。

無料メルマガの配信を開始しました!

英文契約、その他最新記事がこのブログにアップされたことのお知らせが届きます。

サイドバーの一番上にメルマガを受信したいメールアドレスを入力していただくと、メルマガ受信確認のメールがそのアドレスに届きます。

 

仕事に関する記事の目次

何かに挑戦したいと思っているのに、そのための一歩が踏み出せないでいる人へ

リスク管理をしっかりしたいと思っている人へ

何をやるにも、人の目や評価が気になってしょうがない人へ

「会社って、そもそも誰のものだっけ?」と疑問を抱いている人へ

「自分には何の才能もない」と思っている人へ

部下を上手に叱る方法を模索している人へ

仕事における段取りや根回しってどんなものかよくイメージできない!という人へ

何かの資格試験に落ちて、「もう人生終わりだ!」と思っている人へ

新しいことをしようとしたら、周りから猛烈な反対を受けて、しょんぼりしている人へ

「完璧にできないくらいなら、初めからしないほうがよい」と思っている人へ

本当は主役になりたいのに、いつも主役になれないと落ち込んでいる人へ

「絶対にやりたい仕事につきたい!」と考えている人へ

上司に取り入っていろうとしている人を見ると、寒気がしてきてしまう人へ

いつも残業しているが、そんな現状をなんとか変えたいと本気で思っている人へ

会議になると、いつも発言することをためらってしまう人へ

「仕事で評価される人は自分とは何が違うんだろう?」と疑問に思っている人へ

文章の作成スピードを速めたいと考えている人へ

いつも失敗するのがこわくて挑戦できない人へ

いつも嫌な仕事を任されることが多い、と嘆いている人へ

「社会人になると、学生の時と一番何が違うんだろう?」と疑問を抱いている学生の方へ

「仕事って、どんなときに楽しさを感じられるんだろう?」と疑問を持っている人へ

「絶対に失敗したくない!」といつも考えている人へ

「部内の飲み会なんて、どんなに遅刻してもよい、なぜなら仕事じゃないんだから」と考えている人へ

学生時代に頑張ったことが「勉強」だと、就活に不利だと思い、やりたくもないサークルに今から入ろうかな、と考えている学生の方へ

「社会人は、一体何に一番力を入れるべきなんだろう?」と悩んでいる人へ

いつも、「先輩に言われたことをしっかりやろう!」と考えている人へ

「交渉方法を教えてくれる本がないかな~」と思っている人へ

今日も自分の案があっさりと却下され、「もう提案なんかしない!」と思ってしまった人へ

「もう、自分が輝ける時間は残り少ない」と悩んでいる人へ

「給料を上げる方法を知りたい!」という人へ

いつも人生をゼロか百で考えてしまう人へ

記憶力をアップさせたい!という人へ

「大学の単位は全てA評価を取らないと!」と思っている人へ

休日を楽しめない、休日になると憂鬱になる人へ

正しいことを主張するときは、普段よりも力を込めて語ってしまう人へ

文章をうまく書けるようになりたい人へ

「いつも正しくあろう!」と考えている人へ

世の中には、絶対的な正義があると思っている人へ

仕事ができるようになりたい!と思っている人へ

先輩や上司によく相談に行く人へ

最近、疲れがたまっている、という人へ

いつも、先輩に言われないと行動できないでいる人へ

いつも、なんでもかんでも先輩や上司に相談、報告している人へ

ねたまれないように生きていきたい、と考えている人へ

人間は機械にその仕事をいつか全部奪われる日が来るんじゃないか?とおびえている人へ

パワハラにあって、つらくて苦しくてしょうがない人へ

いつも答えは一つだと思っている人へ

会社で役員に案件を説明するのが嫌で嫌でしょうがない、という人へ

「自分は、知り合いが少ない」と嘆いている人へ

はじめてメンターになった人へ

いつもマイナスのことばっかり考えてしまう人へ

将来自分が何になりたいのか決められないでいる人へ

靖国神社ができたのは、太平洋戦争での戦没者の慰霊のためだと思っている人へ

「いつなんどきも、逃げたら負け!」と思っている人へ

伊藤博文は、「初の内閣総理大臣」ということしか知らない人へ

些細なことをいつも軽視してしまう人へ

「そんなの、見なくてもわかる」と思っている人へ

 

 

 

 - 20代・30代の仕事の仕方