Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

there is構文およびit is… for …to do構文はなるべく使わないようにしましょう!

      2017/03/11

英文契約のドラフトの練習 第12回です。

 

今回は、「できる限り、There isやIt is…to~の構文を使わない」についてご説明します。

 

There is構文は、「~がある」という意味を表すために使われます。

 

契約書中でも、この「~がある」という意味は出てきます。

 

例えば、「製品に瑕疵がある場合には、売主は、その瑕疵を修理しなければならない」といった条文です。

 

これをthere is構文で表すと、以下のようになります。

 

If there is any defect in the Product, the Seller shall repair such defect at its cost.

 

しかし、これは、以下のような表現にしたほうが、より誰が何をした場合なのかが明確になります。

 

If the Purchaser finds any defect in the Product, the Seller shall repair such defect at its cost.

 

また、it is…for行為主体 to不定詞の構文も試験などではよく出る構文で、契約書中で使おうと思えば、この構文を使うことも可能です。例えば、以下のような条文です。

 

It is necessary for the Purchaser to pay the Contract Price to the Seller.

 

しかしこれは、次にように書き換えることができます。

 

The Purchaser shall pay the Contract Price to the Seller.

 

比較すると、下の英文の方が、itやforの分だけ英文も短くなりますし、左から右に読んでいく中で、すんなりと意味が理解できると思います。

 

よって、there is構文やit is…for行為主体 to不定詞の構文は、使用しないようにしたほうがよいです。そして、これらの構文を使わなくても、条文を書くことはできるので、不都合も起きません。

 

英文契約の条文を書く際に知っておくと役立つ12個のルール

英文契約における「よい条文」とは何か?

英文契約の条文はできる限り「権利」ではなくて「義務」を中心にして書く!

英文契約の条文を「義務」を中心にして書く練習

英文契約書の不要なshallを削除しましょう!

英文契約書の中の不要なshallを削除する練習

英文契約の条文は、できるだけ能動態で書こう!

英文契約において受動態で書かれている条文を能動態にする練習

主語、(助動詞)、動詞、目的語はできるだけ一塊にしましょう!

できる限り、名詞よりも動詞で表現しようとする!

名詞ではなく、動詞で表現する練習

there is構文およびit is… for …to do構文はなるべく使わないようにしましょう!

ofを削除できないか検討しよう!

不要なofの削除の練習

here-を使って条文をすっきりさせる!

「~に従って」「~に定められている」という表現を覚えよう!

「~に従って」「~に定められている」という表現を使う練習

原則を示す表現と例外を示す表現を覚えよう!

原則を表す表現と例外を表す表現について練習しよう!

英文契約における条文の基本類型を覚えよう!

英文契約の条文の基本類型を練習しよう!

 

 - 英文契約のドラフトの練習