司法試験に落ちたあとの人生について

      2017/09/16

 

 

今年も司法試験に落ちた・・・

 

という方は、大勢いると思います。

 

この記事を読んでくれているあなたも、もしかしたらそうかもしれませんね。

 

あなたは、今年で5回目の司法試験でしたか?

 

あなたは、まだ来年も受けることができる人ですか?

 

あるいは、ロースクールに在籍中であり、まだ司法試験を受けたことがない人ですか?

 

そのどれに当てはまる場合でも、今、大変な状況にあることに変わりはないでしょう。

 

なぜわかるのか?

 

それは、私も司法試験を目指し、そして結局、合格できずに諦めた人間だからです。

 

 

私と司法試験

 

私は、1年間の浪人の末、大学は、工学部に入りました。

 

その時点で、私は将来、どこかのメーカーに技術職として入るのだろうなと漠然と自分でも思っていました。

 

しかし、工学部に在籍中に、猛烈に検察官になりたくなりました。

 

調べてみると、検察官になるためには、司法試験に合格しなければいけないことを知りました。

 

さらに、司法試験は、法学部を出ていなくても、受けられる試験だと知りました。

 

どうしようかな・・・

 

と数カ月間悩んだのですが、結局、司法試験に向けた勉強を始めました。

 

勉強を始めてみると、法律の勉強は、やりがいがありました。

 

覚えることは多いですが、実際に起きた事件でどのように法律を適用するのか、ということは、面白いと感じました。

 

大学を卒業するとき、工学部の同期のほぼ全員が、大学院に進みます。

 

しかし私は、工学部の大学院に進むよりも、法律の方に強い関心を持っていたので、大学院は法学研究科に進むことにしました。まだロースクルールが始まる前でした。

 

法学研究科に進み、一日の大半を司法試験に向けた勉強に費やした結果、成績は大きく伸びました。

 

しかし、結局は、26歳の時点でも、択一試験には合格するものの、メインである論文試験には合格できていませんでした。

 

26歳・・・。

 

今かから振り返ると、まだまだ若かったです。

 

そこで諦めずに、あと数年目指し続けるのも全然あり、とも思えます。

 

しかし、26歳にもなると、大学の同期のほとんどは就職をして、会社で働いています

 

そんななか、来る日も来る日も、自宅と図書館の往復をし、ただただ教科書を読み、問題集を解いているというのが、情けなくなりました

 

26歳にもなって、こんなことしていていいわけない・・・

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

そう思いました。

 

また、このころになると、果たして自分は本当に検察官になりたいと思っているのかもよくわからなくなってきました。

 

そして何より、数年間自分なりに必死に勉強しても合格しないということは、自分は検察官には向いていない人間なのではないか?と思いました。

 

さらに、今後数年間目指し続けても合格できない場合、就職先すらなくなるのではないか?ということが怖くもなりました。

 

そうして、結局私は、26歳の夏に就職活動を始め、9月には電機メーカーから内定をもらい、そのときに、司法試験を諦めました

 

その後は、ずっと電機メーカーで企業法務として仕事をしました。

 

 

司法試験に落ちたあとの人生

 

その後、自分と同じように司法試験を目指していたが合格できずに会社に入ってきた後輩に、よくこんなことを聞かれました。

 

「司法試験を諦めたこと、後悔していませんか?」

 

これに対する私の答えは、「後悔したはことないです。

 

むしろ、あの時、司法試験を受け続けることを諦めて、よかったな、とすら思っています。

 

それは、司法試験を目指していたころに想像していたものと、実際の会社生活が、全く異なっていたからです。

 

電機メーカーでは、法務部に配属されました。

873c3a648e7f55b31820e0c1832c89be_s

その間、仕事で様々な国に行く機会を得ました。

3625c0da7036f87ccea3e9f5da93a790_s

その中で、会社に入るまでは全く話せなかった英語も、なんとか仕事でつかえるようになりました。

DSCF1266

様々な案件における契約交渉も経験できました。

4855d72126369596bb8d03423962f114_s

海外に新しい会社を立ち上げたり、他の会社と提携関係を作ったりするのを支援する仕事も経験もできました。

9b64bcb62e9b6ba1b8a65be78c3d6cf5_s

さらに、これは自分の中ではかなり貴重な経験だと思えているのですが、「会社における組織とはどういうものなのか?」ということも、十分に知ることができたように思います。

 

もしも司法試験に合格し、検察官になっていたら、自分はおそらく、会社で働く機会を一生得られなかったかもしれません。

 

しかし、会社生活を送ることができたことは、自分にとってはとても貴重で、欠かすことができない経験だったように今では思えています。

 

もちろん、司法試験に合格した後の人生も、それはそれで色々な経験をできるはずで、もしも自分が合格していたら、「やっぱり司法試験に合格してよかった!」と今頃言っていたはずです。

 

しかし、その場合、私は、他の世界があることを知らずに生きていたと思うのです。

 

今では、司法試験に合格した世界もあるだろうし、電機メーカーに入って企業法務としての世界もあるし、そしてそれ以外の世界も、経験はしていないものの、とにかく様々な世界が間違いなくある、と思えていますが、果たして、自分が司法試験に合格していたら、そう思えていたのか自信がありません。そのくらい、私は司法試験とその合格を前提にした人生のことだけを考えていました。

 

 

司法試験に落ちたあなたに知ってもらいたいこと

 

ここで私は、司法試験なんて合格しない方がよい、と言いたいのではありません。

 

また、司法試験に合格した人達を、世間知らずだと言いたいわけでもありません。

 

ただ、何度チャレンジしても司法試験に合格できず、もんもんとしている人がいるのなら、「司法試験に合格しないと、いい人生を送れないとまで思う必要はない」と伝えたいのです。

 

もちろん、司法試験に拘りをもって生きることもよいと思います。

 

ただ、私自身、何度か司法試験を受けて、でも合格できない時期は、意固地になっていました。

 

司法試験に合格しないと、「人生終わりだ」くらいに思っていました。

dfb70674e2d714435294a4a442ad70f6_s

司法試験に合格できないと、自分が楽しいと思える仕事なんて一生できないと思っていました。

 

しかし、それは間違っていました

 

司法試験に合格できなくても、何ら問題ありません。

 

いくらでも、自分が楽しく生きいける世界はあります。

 

逆に、司法試験に合格しても、本当に自分がやりたいことがその先にあると言えるのかはわからない、とすら思います。

 

少なくとも、司法試験に合格すれば、後の人生すべてOKなんてことには絶対になりません。

 

司法試験に合格後のあなたのライバルは、司法試験に合格しなかった人達ではありません。同じく司法試験に合格した人たちになります。

 

そんな中で、毎日のように他人の相談を聞いたり、毎日のように分厚い契約書を読んだり、毎日のように裁判所に向けた文書を書いたり・・・、そういう生活が続くわけです。

 

本当に、そういう仕事をしたいと思って司法試験を今も目指し続けていますか?

 

 

もしかしたら、司法試験に合格してどこかの法律事務所に入っても、どうにも、他人の相談や交通事故案件のために仕事をするのがつまらなくてしょうがないと感じるかもしれません。

 

もしかしたら、弁護士として働いても、「所詮他人事なんだよな・・・」と、退屈を感じるようになるかもしれません。

 

もしかしたら、司法試験になかなか合格できなかったあなたは、普通に会社に入れば、その実力を発揮して、色々なプロジェクトを成功に導くことができる力を持っているかもしれません。

 

もしかしたら、弁護士になれなかったことによって、世界を舞台にした、より大きな仕事を任されるようになるかもしれません。

877c8b7a18cc956b901260168feb9e18_s

 

試験に落ちたからといって

 

最後に、私が大学受験のために通っていた予備校のある講師が、浪人生活が始まって最初の講義で、そのときの受講生達に向けて送ってくれた言葉(詩?)をご紹介します。司法試験を意識して作られたものではありませんが、あらゆる試験全てに言えることだと思います。

 

 

試験に落ちたからといって

 

自分なんてもうダメだと、自分を蔑まないで欲しい

 

なぜなら試験に落ちたことは、単にその試験で点数を取るのがさほど得意ではなかった、というだけのことなのだから

 

 

試験に落ちたからといって

 

もう二度と努力なんてしない、なんて、投げやりな気持ちにならないで欲しい

 

なぜなら世の中には、一年や二年遅れても、その後大成功を収めた人たちが大勢いるのだから

 

 

試験に落ちたからといって

 

その試験に合格した人のことをねたんだり、ガリ勉ヤロウ!なんて言って、大勢で群れてバカにしたりしないで欲しい

 

なぜなら彼らだって、自分の夢をかなえるために、本当はしたくもない勉強をしようと必死になって机にかじりついたというだけのことなのだから

 

 

試験に落ちたからといって

 

自分はもう何も才能がないなんて決めつけないで欲しい

 

なぜなら君はまだ、本当に自分が何に向いているのか、本当は自分が何を好きなのか、まったくわかっていないのだから

 

 

試験に落ちたからといって

 

安易に将来をあきらめたりしないで欲しい

 

なぜなら君の人生は、まだまだ始まったばかりで、年をとった人たちからみたら、まぶしいくらいなのだから

 

 

試験に落ちたからといって

 

合格するまで絶対に同じ試験を受け続けてやる!なんて言って、その試験に固執し過ぎないで欲しい

 

なぜなら世界には、君が他の分野でその力を存分に発揮するのを心待ちにしてくれている人達が大勢いるはずだから

ff0082e92bb79d735732d50395c2b3bb_s

 

試験に落ちただけでは、人生は終わりません。終わってもくれません。

 

劣等感なんていつまでも持たずに、前向きに生きていきませんか?

 

 

 

これから就職活動をする方々に参考にして欲しい記事

 

どうして面接では、「学生時代にがんばったこと」を詳しく聞かれるのか理由が知りたい方へ

資格試験に落ちたからしょうがなく民間企業の面接を受けることになり、落ち込んでいる方へ

絶対に、何が何でも、自分がやりたい職業につきたい!と考えている方へ

仕事は常に自分が主役になれるようにしたい!脇役になんてなりたくない!と考えている方へ

あ~、どの会社に入るかきめられない!と嘆いている方へ

「会社って、そもそも誰のもなんだろう?」と疑問に思った方へ

「自分には、きっと何の才能もないんだろうな・・・」と思っている方へ

学生時代と社会人って、一体何が違うんだろう?と思っているあなたへ

「総務とか、経理とか、法務などのスタッフ職のやりがいって、一体何なんだろう?」と思っているあなたへ

仕事ができるようになるために一番大切なものってなんだろう?と思っているあなたへ

「会社に入ってから、パワハラにあったらどうすればよいのだろう?」と不安なあなたへ

「就活が忙しくて授業の単位落としそう・・・!」と嘆いているあなたへ

「自分はいつも正しい。面接でもOB・OG訪問でも正しいことを堂々と語ってやる!」と意気込んでいるあなたへ

「会社に入ったら、同期とはずっと給料同じで差はつかないんでしょ?」と思っているあなたへ

「自分はなんでも完璧を目指す。完璧にできないなら、しないほうがいい!」と思い込んでいるあなたへ

「会社で評価される人ってどんな人なんだろう?」ということが気になるあなたへ

「仕事ができるサラリーマンになりたい!」と思っているあなたへ

「将来、今ある仕事の大部分は機械でできるようになるんじゃないか?そのときに備えて自分はどうすればいいんだ?」と今から不安を感じているあなたへ

「やばい!大学の授業の単位は、全部C評価ばっかりだ!」と今更焦っているあなたへ

「最近、就活のために疲れがたまってきた・・・」というあなたへ

上記の記事を読んで「もっと仕事について知りたい!」と感じた学生の方は、下の仕事についての記事もご覧ください

(※3分の1ほど上記の記事とかぶっています)。

無料メルマガの配信を開始しました!

英文契約、その他最新記事がこのブログにアップされたことのお知らせが届きます。

サイドバーの一番上にメルマガを受信したいメールアドレスを入力していただくと、メルマガ受信確認のメールがそのアドレスに届きます。

 

 

 

 

仕事に関する記事の目次

何かに挑戦したいと思っているのに、そのための一歩が踏み出せないでいる人へ

リスク管理をしっかりしたいと思っている人へ

何をやるにも、人の目や評価が気になってしょうがない人へ

「会社って、そもそも誰のものだっけ?」と疑問を抱いている人へ

「自分には何の才能もない」と思っている人へ

部下を上手に叱る方法を模索している人へ

仕事における段取りや根回しってどんなものかよくイメージできない!という人へ

何かの資格試験に落ちて、「もう人生終わりだ!」と思っている人へ

新しいことをしようとしたら、周りから猛烈な反対を受けて、しょんぼりしている人へ

「完璧にできないくらいなら、初めからしないほうがよい」と思っている人へ

本当は主役になりたいのに、いつも主役になれないと落ち込んでいる人へ

「絶対にやりたい仕事につきたい!」と考えている人へ

上司に取り入っていろうとしている人を見ると、寒気がしてきてしまう人へ

いつも残業しているが、そんな現状をなんとか変えたいと本気で思っている人へ

会議になると、いつも発言することをためらってしまう人へ

「仕事で評価される人は自分とは何が違うんだろう?」と疑問に思っている人へ

文章の作成スピードを速めたいと考えている人へ

いつも失敗するのがこわくて挑戦できない人へ

いつも嫌な仕事を任されることが多い、と嘆いている人へ

「社会人になると、学生の時と一番何が違うんだろう?」と疑問を抱いている学生の方へ

「仕事って、どんなときに楽しさを感じられるんだろう?」と疑問を持っている人へ

「絶対に失敗したくない!」といつも考えている人へ

「部内の飲み会なんて、どんなに遅刻してもよい、なぜなら仕事じゃないんだから」と考えている人へ

学生時代に頑張ったことが「勉強」だと、就活に不利だと思い、やりたくもないサークルに今から入ろうかな、と考えている学生の方へ

「社会人は、一体何に一番力を入れるべきなんだろう?」と悩んでいる人へ

いつも、「先輩に言われたことをしっかりやろう!」と考えている人へ

「交渉方法を教えてくれる本がないかな~」と思っている人へ

今日も自分の案があっさりと却下され、「もう提案なんかしない!」と思ってしまった人へ

「もう、自分が輝ける時間は残り少ない」と悩んでいる人へ

「給料を上げる方法を知りたい!」という人へ

いつも人生をゼロか百で考えてしまう人へ

記憶力をアップさせたい!という人へ

「大学の単位は全てA評価を取らないと!」と思っている人へ

休日を楽しめない、休日になると憂鬱になる人へ

正しいことを主張するときは、普段よりも力を込めて語ってしまう人へ

文章をうまく書けるようになりたい人へ

「いつも正しくあろう!」と考えている人へ

世の中には、絶対的な正義があると思っている人へ

仕事ができるようになりたい!と思っている人へ

先輩や上司によく相談に行く人へ

最近、疲れがたまっている、という人へ

いつも、先輩に言われないと行動できないでいる人へ

いつも、なんでもかんでも先輩や上司に相談、報告している人へ

ねたまれないように生きていきたい、と考えている人へ

人間は機械にその仕事をいつか全部奪われる日が来るんじゃないか?とおびえている人へ

パワハラにあって、つらくて苦しくてしょうがない人へ

いつも答えは一つだと思っている人へ

会社で役員に案件を説明するのが嫌で嫌でしょうがない、という人へ

「自分は、知り合いが少ない」と嘆いている人へ

はじめてメンターになった人へ

いつもマイナスのことばっかり考えてしまう人へ

将来自分が何になりたいのか決められないでいる人へ

靖国神社ができたのは、太平洋戦争での戦没者の慰霊のためだと思っている人へ

「いつなんどきも、逃げたら負け!」と思っている人へ

伊藤博文は、「初の内閣総理大臣」ということしか知らない人へ

些細なことをいつも軽視してしまう人へ

「そんなの、見なくてもわかる」と思っている人へ

 

 - 20代・30代の仕事の仕方