Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

契約交渉に臨む前に知っておきたいこと その3 相手の反論を予想し、再反論を考えておく

   

 

契約交渉では、大抵の場合、相手はこちらの主張に反論をしてきます。

 

反論されたことにその場で驚いていてはいけません。

 

反論されるのが当然なのです。

 

交渉は、反論されてからが始まりです。

 

そして、この反論について、再反論をしていく必要がありますが、再反論の内容をその場で考え始めても、なかなかいい再反論は思い浮かばないでしょう。

 

再反論は、交渉の前から考えておかなければならないのです。

 

再反論がスパッと出ると、カッコいいです。

 

相手も、「この人は、できる人だな」と思うかもしれません。

 

少なくとも、相手に「この人、何も考えずにここに来たな」とバカにされることはないでしょう。

 

予め再反論を考えておくことで得られるのは、メリットだけです。

 

 

契約交渉に臨む前に知っておきたいこと その3

 

契約交渉で反論されるのは当たり前。事前に再反論を考えておく

 

次の記事

 

意見の相違のある条文については、一般的にはどう定められているか、そしてその理由は何かを調べておく

 - 契約交渉に臨む前に知っておきたいこと