Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まずはこれだけ!はじめて英文契約書を読む前にぜひ押さえておきたい用語13個

      2017/08/03

 

企業法務に配属された!

 

海外営業に配属された!

 

こういった方々は、間違いなく、英文契約書をこれから毎日のように読まなければならないことになります。

 

英文契約は、慣れればさほど難しい文書ではありませんが、初めて読む人にとっては、とにかく見慣れない単語や、見慣れているけどいつもと意味が違う単語にかなり苦戦すると思います。

 

英文契約書をほとんど辞書なしで読めるようになるためには、とにかく、読んで読んで読みまくって慣れていくしかありませんが(「英文契約書が読めるようになるための練習」の記事はこちら)、何はともあれ、まず、下の13個は理解しておくとよいと思います。

 

もちろん、これだけ覚えたからと言って、すぐにスラスラと英文契約書を読めるようになるわけではありませんが、以下の13個の用語は、どの英文契約でも非常に頻出する基本的な用語です。これらを知らないと、読むのにものすごく苦労すると思いますので、ぜひ押さえておいてください!

 

なお、各用語をクリックすると、それらの用語の詳細な解説ページに行くことができます。興味があれば読んでみてください

 

  1. shall

 

英文契約では、shallは「契約当事者の義務」を表すために使われる助動詞です。当事者の義務にmustは使いません。

 

  1. shall not

 

英文契約では、shall notは「契約当事者の不作為義務」、つまり「ある行為を禁止するため」に使われます。

 

  1. mayまたはbe entitled to

 

英文契約では、mayとbe entitled toは、「契約当事者の権利」を表すために使われます。canは使いません。

 

  1. provided in, specified in, set forth in, described in, stipulated in等

 

英文契約では、これらは、「~に定められている」という意味を表すためによく使われます。

 

  1. regarding, concerning, in connection with, with respect to, as to等

 

英文契約では、これらは、「~に関する」という意味を表すためによく使われます。

 

  1. in accordance with, pursuant to, under等

 

英文契約では、これらは、「~に従って」という意味を表すためによく使われます。

 

  1. notwithstanding

 

英文契約では、notwithstandingは、「~に関わらず」という意味でよく使われます。

 

 

  1. except as otherwise provided in・・・, unless otherwise provided in・・・

 

英文契約では、これらは、「・・・に別途他の定めがない限り」という意味でよく使われます。

 

  1. if, when, in the event of, in the event that

 

英文契約では、これらは、「~の場合に」という意味でよく使われます。

 

  1. to the extent

 

英文契約では、「~の範囲で」という意味でよく使われます。

 

  1. make, enter into, execute, conclude

 

英文契約では、これらは、「契約を締結する」という意味でよく使われます。

 

  1. without one’s prior written consent/notice

 

英文契約では、「事前の~の書面による同意/通知なくして」という意味でよく使われます。

 

  1. including, but not limited to,・・・

 

英文契約では、「~を含むがこれに限らない」という例示列挙のためによく使われます。

 

 - まずはこれだけ!はじめて英文契約書を読む前にぜひおさえておきたい用語13個