英文の秘密保持契約書の読み方・チェックの仕方についてのセミナー

~英文の秘密保持契約書の読み方・チェックの仕方と英文契約で頻出する英単語表現・型を同時に身につける!~

 

1.このセミナーを受講することで得られる効果

(1)英文契約書に関わり始めたばかりの人は、普段の契約業務をこれまでよりも円滑に処理することができるようになる。

(2)英文契約書で頻繁に使われる英単語および条文の型を使いこなせるようになる。

 

2.上記の様な効果を得られる理由

(1)秘密保持契約書は、企業が最も頻繁に締結する契約書といっても過言ではありません。そのため、秘密保持契約書を素早く・的確に読んでチェックすることができれば、それだけ他のより難しい業務に集中することができるようになります。その結果、業務全体を円滑に進めることができるようになるということです。初めて英文契約書に携わる方々にとっては、秘密保持契約書も英文になると途端に難しくなります。しかし、チェックすべき事項をしっかりと理解できれば、これまでよりもずっと読みやすくなります。チェックすべき事項は、記憶に残りやすいように、イラストなども使って解説します。

(2)英文の秘密保持契約書は、あらゆる英文契約書の中でもっとも分量が少ない契約書といえます。しかし、その中には、あらゆる英文契約書で頻繁に用いられる表現がたくさん登場します。つまり、秘密保持契約書をしっかりと読みこなすことができるようになれば、その他の英文契約書を読むために必要となる重要表現もカバーできるということです。このセミナーでは、実際にそれら重要表現を使ってライティングする練習も行います。

 

3.  セミナー内容

(1) 秘密保持契約の全体像

(2)秘密保持契約書の個別の条文の解説

①秘密情報の定義

②情報の提供

③守秘義務

④目的外使用の禁止

⑤保管・管理義務

⑥無保証

⑦秘密情報の返還

⑧損害賠償

⑨秘密保持期間

(3)英文契約で頻出する表現を使ったドラフトの練習

 

4.  このセミナーが対象とするのは、以下のような方々です。

(1)法学部出身でないのに、英文契約書を読まなければならなくなった人

(2)英語が得意でないのに、英文契約書を読まなければならなくなった人

(3)基本的な法律知識や英文契約書で使われる英単語に悪戦苦闘している人

※上記は全て、営業・技術・調達・法務などの所属部門を問いません。

 

5.  講師プロフィール

・本郷塾 代表 本郷貴裕。 東北大学工学部機械知能系卒。一橋大学法学研究科修了。

・(株)東芝に入社後、企業法務部として主に海外案件を担当。

・東京電力向け東通原子力発電所建設案件、フィンランドの電力会社であるフェンノボイマ社向け原子力発電所建設案件、フィンランドの電力会社であるTVO向け原子力発電所建設案件、そして海外に火力発電所を建設する案件における国際仲裁案件、海外M&A案件等多数の国内外の案件で法務部主担当としてプロジェクトに関わる。

・その後独立し、主にプラントエンジニアリング、重電、重工業、および建設会社に勤める方々に英文契約の読み方・チェックの仕方を指導する本郷塾を立ち上げ、これまで個別指導および社内研修を通算190回以上実施。

・2019年8月以降、都内でセミナーを開催。これまで開催したセミナーは、「EPC契約の全体像に関するセミナー」、「これから海外案件に携わる方々のための英文契約の基礎についてのセミナー」など。

DSC_0095

・2018年11月に『はじめてでも読みこなせる英文契約書』(明日香出版社)を出版。

DSC_0042

・2019年に『ビジネス法務8月号』(中央経済社)に『日本企業の大型渉外契約から学ぶ英文契約書作成・交渉の心構え』が掲載。

 

6.  セミナー開催日時

2019年12月5日(木) 15時半~17時半

 

7.  セミナー開催場所

アットビジネスセンター東京駅八重洲通(東京駅八重洲口から徒歩約10分)

■アクセスマップ■

http://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/access.html

 

8.  セミナー受講料

22,000円/人

 

9.         申込方法

(1) 以下のメールアドレスに次の情報を送付ください。内容を確認次第、2営業日以内に折り返し請求書および受講票をメールにて送付致します。セミナー受講料は、受講票を受領後1週間以内にお振込みください。セミナー当日は、会場に受講票を印刷の上ご持参ください。

【問合先 E-mail : hongojyuku@eln-taka.com】

①   氏名

②   勤務先名および部署名

③ 勤務先住所(郵便番号から)

④   英文契約業務経験年数

⑤   連絡先(メールアドレス)

(2) 特にお申出の無い限り、郵便局または銀行の振込明細書をもって領収書にかえさせていただきます。なお、「振込手数料」はご負担くださいますようお願いいたします。

(3) セミナー受講料の払い戻しは致しません。ご都合が悪くなった方は、代理の方のご出席をお願いいたします(この場合は、必ず事前に上記「問合先」までご連絡ください)。

(4)受講者が定員(25名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。

 

10.         注意事項

(1) 反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへの出席をお断りいたします。

(2) セミナー資料のみの販売は致しません。

(3) セミナーの録音・録画はご遠慮願います。また、セミナー中のパソコン・携帯電話の使用はお控えください。

(4) 大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合があります。

(5) その他問合先 E-mail : hongojyuku@eln-taka.com

 

 

公開日:
最終更新日:2019/11/07