Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今後開催予定の社内研修メニュー・外部セミナー

 

初級編として、以下のような社内研修・セミナーを開催予定です。

 

1. 英文契約書を理解するために必要な法律知識

契約書を読んでその内容を理解するためには、基本的な法律知識が必要となります。法律知識というと難しそうに聞こえるかもしれません。法学部卒でないと理解できないのでは・・・?と感じるかもしれません。しかし、そんなことは決してありません。意外かもしれませんが、契約書を理解するために必要な法律知識はものすごく限られているのです。このセミナーでは、その限られた法律知識について、法学部卒でなくても理解できるように解説します。
(1) そもそも、契約とは何か?
(2) 法的拘束力とは何か?
(3) MOUとは何か?
(4) 契約書に定められている3つの事項とは?
(5) 法律と契約の関係は?どちらが優先するの?
(6) 損害賠償とは何か?
(7) 瑕疵とは?瑕疵担保責任とは?
(8) リスクとは?
(9) Force Majeureとは?
(10) 契約中断権とは?
(11) 契約解除権とは?
(12) 準拠法とは?
(13) 紛争解決方法とは?(裁判、仲裁、朝廷の違いとは?)

 

2. 英文契約書を読む前に身につけておきたい基本的な表現と型

英文契約書は、当然、英語で書かれています。そしてその英語は、一般に使われている英語とはやや異なる場合があります。そのため、一般的な英語が得意な人でも、読みこなすのに苦労する、または挫折してしまい、英文契約には関わりたくない、と感じる人もいます。このセミナーでは、英文契約書で頻出する基本的な表現と、条文の基本的な型について、例文を用いながら解説します。セミナーの中でインプットのみならず、アウトプットの練習もするので、受けっぱなしで終わる、ということにはなりません。基本的な表現と型を身につけて、英文契約への苦手意識を無くしましょう!
(1) 英文契約の基本的な表現
(2) 英文契約の基本的な条文の型
(3) アウトプットの練習

 

3. 海外案件で頻出する仕組み・概念

売買契約でも、EPC契約でも、海外案件では、様々な仕組みが登場します。それらの仕組みを理解せずに英文契約書を理解することはできません。一方で、そのような仕組みの数はさほど多くありません。このセミナーでは、そんな海外案件で頻出する仕組みについて、その内容はもちろん、何に気を付けるべきかについても解説します。
(1) liquidated damages (Delay LD)
(2) liquidated damages (Performance LD)
(3) limitation of liability
(4) warranty
(5) letter of credit
(6) bond
(7) Incoterms
(8) governing law
(9) dispute resolution
(10) 貿易保険

 

4. 秘密保持契約・売買契約・ライセンス契約の全体像と流れ

企業は日々様々な取引をしていますが、その都度契約を結んでいます。特にその頻度が高いのは、秘密保持契約と売買契約です。また、この2つほどではありませんが、メーカーであれば比較的目にする機会があると考えられるのはライセンス契約です。
契約書は、読む前に、その全体像をおさえておくと、読みやすさが格段に違ってきます。個別の重要事項も、全体の流れがあった初めて本当の重要性がわかってきます。このセミナーでは、企業が頻繁に扱う上記3つの契約について、全体像と流れをしっかりと身につけもいただくことが目的です。セミナーが終わった時点で、3つの契約の全体像と流れを受講者の方が何も見ないで紙に書き表すことができるようにアウトプットの練習もします。
(1) 売買契約の全体像と流れ
(2) 秘密保持契約の全体像と流れ
(3) ライセンス契約の全体像と流れ
(4) アウトプットの練習

 

5. 海外請負契約(EPC契約)の全体像と流れ

海外請負契約・建設契約・EPC契約はボリュームがあり、時には100ページを超えるようなこともあります。そのような契約書を入社してすぐの若手が読んで理解するのは相当困難、または不可能といってもよいでしょう。その理由は、全体像を掴めていないからです。何がどのような順番で起こるのか、コントラクター(請負人)が負う責任にはどんなものがあるのか、そのようなことをまずざっと理解しておけば、OJTもずっと円滑に進むようになります。このセミナーでは、全体像と流れを身につけていただくことを目的とし、セミナー内でアウトプットの練習も行います。セミナー終了時には、全体像を何も見ないで思い描けるようになっていただくことをゴールとします。
(1) 海外請負契約(EPC契約)の全体像と流れ
(2) コントラクターが目的を果たすために必要となる持つべき3つの視点
(3) アウトプットの練習

公開日: